入学早々の合宿でさっそく非行仲間が!

高校になると、特に私立の場合、入学してまもなく「宿泊合宿」のある高校が多いようです。 学力の高い進学校ならば「勉強合宿」、そうでなければ「オリエンテーション合宿」と、合宿と言えども学校によって内容や中身はまちまちです。 特に、非行の子が高校に進学した場合、しかも、その高校が学力レベルが低く、進学校でもない場合は注意が必要です。合宿から帰ってきたとたん「友だちできたー!」と嬉しそうに報告してくれるのは嬉しいのですが、相手がどうやら非行っぽい子の場合が・・。 「高校入学早々に非行仲間ができるとは・・」。親の悩みは入学してすぐにはじまります。 一方、わずかな望みもあります。合宿で同じ班にならなかっただけで、非行でない子との付き合いのチャンスもまだまだ残っています。早めに担任教師に相談し、注目していただくとともに、親御さんはクラスの他の子の情報についても子どもさんと話し合えるようにしておいて下さい。 入学早々は、誰もが不安で一日でも早く友だちを作りたいものです。とりわけ非行の子は一刻も早く友だちを欲しがります。ただ、その子とこれからもずっと付き合いつづけるとは限りません。すでにできた友達を否定せず、他の子との接点を期待しましょう。もちろん担任教師の協力があった方が安心です。場合によってはこれまでの非行問題を先生に打ち明ける必要もあるかもしれません。 担任の先生の協力があれば、クラスの班替えや委員や係り決めの際にも配慮してもらえるかもしれません。そんな中で新たな子との関わりが見えてきたらチャンスです。 このような根回しはできれば四月中、遅くとも五月のうちには手をうっていただきたいものです。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村