【高校生の非行】喫煙や万引き等で留年・退学が決まったらどうする?

せっかく高校に入学し一学期はなんとか頑張っていたのに「夏休み」を境にグレだし、二学期からは悲惨な状態に・・・。校内での喫煙が見つかったり、校則違反を繰り返したり、ついには万引きが学校にバレてしまって、留年決定。

このような子たちは学校からは「問題児」として扱われることでしょう。しょっちゅう親御さんが学校に呼び出されては注意を受け、非行状態の子どもにいくら注意・説教しても聞き耳を持たない・・。このような感じで10月や11月に留年決定が言い渡され、12月に入って非行・不登校のカウンセリングに来られる親御さんが少なくありません。

とにかく扱いにくい子。こんな子はどうしたら「更正」するのか。親御さんから「更正」のお言葉をお聞きする度に耳が痛くなります。実は、非行から留年が決まる子の中には、根っからの不良少年というよりは、途中から道を脱線し、非行の方向に走らざるを得なくなってしまう子もたくさんいるのです。高校生活がうまくいかなくなり、ついには「開き直り・居直り・現実逃避」といっても過言ではないでしょう。

非行のカウンセリングでは、こんな子を何とかしてやりたい・高校に戻したい・常識をわかってほしい、と切に願っておられる親御さんの駈け込み寺的な存在になっています。しかし、カウンセリングを進めるに当たっては、親御さんのこの「何とかしてやりたい」という動機づけ・モチベーションを第一に尊重します。それぐらい、非行の子の解決率は親御さんの解決への動機づけが強いかどうかに左右されるからです。そのような親御さんであれば、どうぞ淀屋橋心理療法センターの非行問題専門外来にご相談ください。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村

【非行・不登校の子の夏休み】朝から夜中までLINE、LINE、LINE

今やほとんどの高校生がスマホ(スマートフォン)を持っていると言っても過言ではありません。中学生で持っている子も多く、中には親のスマホをつかいまくっている子も多いようです。

スマホでいったい何をやっているのかというと、ゲームやメールはもちろんのこと、ほとんどの時間を「LINE」に使っているようです。朝起きたらまずLINE食事を摂っている時もLINEテレビを観ながらLINE部屋に入っている間もLINEと、一日中LINE漬けの生活をしている子が多いのです。

特に夏休みはLINE漬けの絶好の時期であり、親にとってはイライラのストレスが溜まる一方でしょう。学校の時間がLINEの時間に変わっただけといっても過言ではありません。特に、夏休みは毎日が休みなので、夜中や朝方までLINEをしている子もめずらしくありません。

非行の子は、ゲーセン(ゲームセンター)に入り浸り・不良の子とのつき合い・深夜徘徊など、以前は家に居着かない子がほとんどでしたが、携帯メールやスマホでのLINEが普及するにつれ、「家にいても常に不良や非行の友達とつながっている」という状況に変わり、相変わらず親子の会話もないというのはもどかしい限りです。

ただし、淀屋橋心理療法センターでは、このLINEを利用する方法も視野に入れてカウンセリングにあたっています。たとえば、親とは顔をあわせての会話がないものの、LINEでなら返事したりコミュニケーションがとれる子もおり、使いようによってはLINEは非行改善の有効手段であるとも言えるのです。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

夏休みの非行のピンチを親の対応で悪化防止|非行のカウンセリング治療。不良・非行のカウンセリングの専門外来

 非行の子を持つご両親にとって、夏休みは最大のピンチ(不安・心配)ですね。淀屋橋心理療法センターでも、7月・8月・9月は非行の子のカウンセリングのご相談が急増します。

淀屋橋心理療法センターは今年で設立30周年を迎えました。もちろん、非行をはじめ、不登校のカウンセリング治療は設立当初から、相談件数が多く、その分、治療経験を積むことができました。今では「非行・不登校専門外来」ができるほど、当センターにとって、「非行」のご相談は得意分野の一つになっています。

しかし、淀屋橋心理療法センターでは、「どんな非行の子」の問題でも解決できるとはいえません。これまでの経験から、非行問題が解決しやすいのは「非行に走り始めた初期段階からカウンセリングをスタート」される親御さんや、「悪いことをしているけど、子どもが可愛い。何とかして非行から脱出させてやりたい」と強く願っておられる親御さんからのご相談です。

当センターのカウンセリングは万能ではありません。何より、当センターでは非行カウンセリングの主役は親御さんなのです。主役の親御さんのモチベーションがしっかりしていれば、私どもの非行のカウンセリング治療のノウハウも有効利用でき、非行の短期解決も可能性も高まります。

非行の子は学校では、「学校では『怠け者』『校則違反の常習犯』『教師に対して反抗的』というタイプの子もおられますが、親御さんの対応でなんとかなることも多いのです。できれば、担任の先生や生徒指導の先生の協力が得られれば何よりです。

家でも非行の子は「『帰ってきたらゲームセンターに入り浸り』『深夜徘徊がひどい』『警察に補導されたことがある』『万引きで親が呼び出され、頭を下げたことがある』・・といった状況でも同じです。

このような危機(子どものピンチ)をカウンセリングによって親の力でなんとか解決してやりたいというお気持ちが何より大事なのです。反対に「若い頃の非行や不良は当たり前。大人になれば落ち着くだろう」とお考えの非行問題に対して楽観的な親御さんや、「何を言ってもダメだから、もう何も言わない方がいいかも」といった非行問題に対して受け身な親御さんの場合は、淀屋橋心理療法センターの非行専門外来のいえども、カウンセリングの効果がのぞめない可能性があります。

子どもの非行問題解決は、親の熱意(モチベーション)と、非行が始まってからの早期対応(先手をうつ=カウンセリングを早めにスタート)というのが非行問題解決の重要テーマといえます。

 

淀屋橋心理療法センター・トップページ

淀屋橋心理療法センター・非行専門外来

→非行の事例だけでなく、非行チェックリスト、教師むけの非行チェックリスト、無料の事前相談のご案内も掲載しています。ぜひご覧下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

【非行】親からみた非行の深刻度チェックリスト

非行の深刻度チェックリスト(非行+不登校+α)

 

淀屋橋心理療法センターでは、中学生・高校生の「非行」の子のカウンセリングは得意分野の一つです。また、「不良とのつきあい」「喫煙・飲酒」「万引き」「深夜徘徊・夜遊び」「不登校」「怠学」などの問題がからむことが多いもの。親だけのカウンセリングでどこまで非行問題を解決できるのか。まず、非行の深刻度のチェックリストをお試しください。

「非行の深刻度チェックリスト」のページへ。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

【非行・不登校】留年への親の焦り

子どもさんの非行の相談でも、不登校で、かつ留年のピンチが迫っている高校生の場合、最初に来所される時期によっては解決率が大きく違ってきます。

非行に走り始めたばかりや夜遊びがすぎて登校に支障をきたし始めた、登校はしているが不良の子とつきあい出したなど、いわゆる初期(または中期)段階ならば、非行のカウンセリングに専念できます。留年までに少し余裕があるからです。

ところが、あと数日で進級や卒業が決まるギリギリの状態でのかけこみ相談の場合、なかなかそうはいきません。親御さんは目先の進級(卒業)に意識がいきすぎて、「今日はどうすれば良いか」「登校するように強くうながして良いのか」「父親が厳しく言うべきか」など、「今すぐ、どんな手を打てば良いか」といった質問に集中してしまいがちです。

親御さんのあせりが強すぎる場合の対応は、どうしても「先走って言ってしまう」「子どもへの説得に終始する」となり、かえって親子の関係がこじれてしまう結果になることがあります。

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
小川和夫(不登校・非行専門カウンセラー)

 

怠学・怠けの子への親の対応をカウンセリングで

学校に行きたくても行けない「不登校・登校拒否」と違い、周囲から見て「行く気もやる気もなさそう」に見える子がいます。一般的に、受容してやるべき不登校と区別する上で怠学(怠け)というレッテルを貼られることがよくあるようです。

淀屋橋心理療法センターでは「不登校」以外にも「非行」も得意としていますが、どうやら「怠学(怠け)」と呼ばれている子たちは、当センターで考えている「非行」に近い分類として扱われているようです。

※当センターでは厳密な意味では「非行」と「不良」は区別しています。

当センターでは、親御さんが根気強くしっかりと対応していただければ、非行や怠学の子でもかなりの高確率で快方に向かわれます。学校の先生方やクラスメートたちのサポートがあればなおさらです。

一方、「淀屋橋心理療法センター=家族療法」ですので、親御さんに対応の工夫をする気力や余裕がなければお手上げです。特に、非行や怠学の子への対応は手を焼きます。また、学校の先生方がいくら授業中に熱心に指導したり説教しても怠学が改善しない事もしばしばあるでしょう。それほど、家族(親)の対応による影響力が大きいということでしょうか。

非行タイプの特徴でもあるのですが、「怠けている」と「怠けているように見える」は紙一重です。「寂しがり屋だから、誰かにサポートしてもらえないとやる気が湧いてこない」「クラスで居場所がない・活躍の場がない」といった場合にも、不登校になったり、登校しても「怠けているように見える態度」をとる場合もあるでしょう。それほど、怠けている(怠学)の裏には、表向きからは想像できない理由が隠れていることがあるのです。

「わが子を何とかしてやりたい」と切望されている親御さん、根気強く対応する気のある親御さんは、ぜひ一度ご相談ください。

(非行の高校生)不登校中でもバイトは頑張る非行の子

高校生にもなってくるとアルバイトをしだす子が出てきます。特に非行傾向の子は友達づきあい(夜遊び・ゲームセンター・タバコ・バイクなど)にお金が必要なこともあり、他の子よりもアルバイトをする子の割合は高い気がします。もちろん、万引きや恐喝(カツアゲ)をしてお金や物を得るよりはよっぽどマシですが・・。

不思議なことに、非行傾向の子の中には不登校や不登校気味や「怠学」と言われている子であっても、アルバイトだけは休まずに行く子がいます。店長が厳しい人であったり仕事内容がきついアルバイトであってもです。もちろん、登校と同様にアルバイトも行ったり行かなかったり、時には無断で休む子もいます。同じ不登校で非行傾向なのに、なぜこんな違いがでるのでしょうか。

当センターには、高校生の非行であってもご本人が来所される場合もあります。そんな時はカウンセラーから非行の子に直接たずねたり、親御さんを通じてお聞きしていると、同じ不登校で非行であっても、その子によって「持ち味」が違うことがわかります。その一つが「律儀さ」です。カウンセラーの話し方次第では「素直な子」という印象も受けます。

自分がアルバイト先で必要とされていると感じたり、アルバイトの面接時に「休まずに頑張ります」と、店長さんといった他人と約束を交わしたりした場合、「自分が行かねば皆が困る」「店長との約束は守らねば」という気持ちから、登校よりも優先して頑張ろうとするのです。

もちろん、「再登校」についても同じことが言えます。非行傾向で不登校の子であっても、周囲がその子の持ち味をしっかり理解してやったり、持ち味が生かせるような環境であれば、再登校というプラスの行動も期待できるようになることがあるのです。もちろん「怠学・授業妨害・エスケープ」も防げます。

非行の子(問題行動・不良)のチェックリスト

子どもの「非行」は親の対応で大きく変わる (非行のチェックリスト)

淀屋橋心理療法センターの不登校・非行・家庭内暴力専門外来ページも御覧下さい。左側の青色文字の部分をクリックすれば表示されます。

次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。(通常の医学的な診断基準とは異なります)

子どもの「非行」は親の対応で大きく変わる

 

まずは「A.」「B.」のチェックリストから、今の子どもさんにいくつ当てはまるかをチェックして下さい。

—————————————————————-

A.学校では・・

—————————————————————-

B.家庭では・・

 

では、A.B.につづいて、「C.」をチェックしてみて下さい。

—————————————————————-

C.意外とこんなところがありませんか?

子どもの「非行」は親の対応で大きく変わる。

‥‥いかがですか?いくら「腹が立つ」「憎たらしい」と思っていても、「でも、かわいい」「何とかしてやりたい」という気持ちも強いのではありませんか。そんな気持ちと<意外とこんなところが・・>がたくさんあれば大丈夫。当センターでは多くのご相談をお受けしてきた中で、明確な解決の道筋がわかっています。<親の対応で子どもの行動は変わる>のです。決して性格を変えるのではありません。うまくいけば子どもさんが来所しなくても解決に導くことができます。

当センターでは短期解決にも力を入れています。特に、<治療開始から二ヶ月間>が解決の重要ポイントです。この間を両親で支え合っていただき、根気強く・徹底して対応していただくことで、確かな手応えを感じていただけると思います。また、それまで培ってきたノウハウを継続することで、その後は通所しなくてもご家族だけでがんばっていただくことも可能です。事前相談にお越しいただければ、さらに細かなことをお話しします。

不登校・非行・家庭内暴力専門外来ページ(←淀屋橋心理療法センター・公式HP)もどうぞ

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一(精神科医 専門=家族療法)

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村