非行の子の男女交際・異性関係=別れても「友だち」

非行の子をもつ親御さんにとって、異性との付き合いはとても気を揉みます。この彼氏・彼女の関係は、昔に比べて大きく変わってきているところがあるようです。

一昔前ならば、つきあっていた彼氏・彼女と別れれば、どちらからも連絡をとらなくなって次第に疎遠な関係になるのが普通でした。しかし、今どきの中学生や高校生の男女交際は違うのです。「確か彼氏と別れたはずなのに、今でも時どき会ってるみたい」。親としては首をひねってしまうのですが、どうやら「彼氏・彼女」の関係でなくなれば「友だち」の関係に戻るようなのです。一度他の子とつき合った後でまた前の彼氏・彼女とヨリを戻すという話もよく耳にします。

この現象は見方によれば「非行の子らしい」と言えるでしょう。非行や不良と呼ばれる彼らや彼女らは、とってもさびしがり屋。友だちが増えるのは大歓迎、でも減るのはとっても不安なんです。一緒に遊んだり話せる(ダベれる)子が多ければ多いほど楽しく安心なのです。

スマホやケータイを手放さないのも「常に誰かとつながっていたい」という心理が働くからです。不登校やひきこもりの子のようにスマホでゲームや動画三昧(ネット中毒)というのではなく、非行の子たちのスマホの使用目的は「LINE」や「通話」がほとんどのようです。

 

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

【非行】高校受験の内申書と担任の役割

【「私立高校の入試」と「調査書の内申点」】

大阪でも私立高校の入試が終わりました。不登校の子も登校していない分、内申点(調査書)が不利なのですが、学校には登校していても「非行タイプの子」も高校受験が不利な子が多いようです。内申書や調査書には出欠状況(遅刻・早退)はもとより、授業態度が悪かったり提出物がきちんとだせていないために平常点が低く評価されてしまうというのが主な理由です。

もちろん、高校によっては調査書の内申点よりも当日の入試の点数を重視してくれる高校もあります。ただし、担任教師からはそのような情報が得られず、受験校を決める三者面談でも最初から「単位制・通信制高校」だけを勧められることもあるという話を親御さんから聞いたことがあります。カウンセラーは非行や不登校のご相談を長年お手伝いしてきたこともあり、親御さんが懸命に探されたり担任の先生によっては色々と調べて下さった結果、数は少ないものの、内申書・調査書重視ではない普通高校(全日制高校)があるのを知っています。カウンセリングにこられた親御さんに「内申書よりも当日の入試の点数を重視してくれる高校もありますよー」とお伝えして驚かれることもよくあります。このように、担任の先生によっては、高校の受験情報を色々と調べて下さって、単位制や通信制高校の他にも「当日の入試の点数重視」の学校の情報も教えて下さるのです。

非行のカウンセリングを長年担当して感じることですが、担任教師の中には、非行の子の表面だけをみて「提出物も出さないんだからこいつはやる気がない」「中学で真面目にできないんだから普通高校なんて無理!」というレッテルを貼ってしまう先生がいる一方、非行の子を扱いなれた先生によっては「この子の突っ張りはさびしさから来てるんだろうなー」「この子は周りに流されやすい子だから、なるべく普通の高校の方がいいだろう」など、非行の子の内面まで考えて下さる先生もおられます。

中学三年生の受験生を受け持つ担任の先生は確かに大変です。生徒が非行や不登校なら対応にもいっそう骨が折れるでしょう。でも高校受験というタイミングは子ども(生徒)にとって大きな「転機」でもあるのです。親の対応が実を結び「ずっと非行で不登校だった我が子が高校受験まぎわにやる気になった」という例も多数あります。ぜひ可能な限りの選択肢を示してあげると共に、親御さんも積極的に情報収集をして上げて下さい。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

父親も母親も厳しいのに非行に!

「非行に走っている子」といえば、その原因は「親が甘やかしている」「親が放ったらかしにしているから」と思われている方が多いと思います。実際、カウンセリングに相談に来られる非行の子の友達の家庭によっては、そういった放任家庭があるのも事実のようです。

でも、淀屋橋心理療法センターに非行の相談にこられる親御さんは明らかに違います。「帰りが遅いと鍵をかけて締め出す」「いくら注意しても帰りが遅いときは警察に捜索願を出す」「毎日、顔を合わせると説教ばかりしている」「連絡しても出ないので携帯電話・スマホの契約を打ち切った」「お小遣いを無しにした」など、かなり厳しい対応をとられる親御さんも少なくありません。少なくとも、基本的には一般的な家庭よりは「もともと躾には厳しい」というご家庭の方が多い気がします。

それもそのはず、子どもの非行に悩んで当センターに来所されるだけでも、時間的・費用的な負担も少なくありません。東京や九州など、はるか遠方からわざわざ大阪までカウンセリングにこられる親御さんも多くの割合を閉めています。最近ではお仕事をされているご両親も多く、カウンセリングの日程調整が難しい場合、わざわざお休みや半休(半日休暇)をとって来られ、カウンセリングが終わるや否や、お仕事に向われる親御さんも少なくないのです。

「淀屋橋心理療法センターに非行の相談に来られる親御さんひと一倍、わが子の非行に悩み、なんとか解決したいという熱意の強い人」ということが言えると思います。

非行専門カウンセラーとしても、熱意(非行解決へのモチベーション)の強い親御さんほど、カウンセリングの成果も上がりやすいというのを実感しています。カウンセラーは、その熱意を大事にしつつ、その熱意をどのように非行の子に表現すれば良いか、的確なアドバイスに努めています。時には「厳しい対応を、少しこんな風に変えてみてください」「携帯電話・スマホの解約は最後の手段にしてください」「深夜遅くに帰宅した場合、咎めるだけでなくこんな対応の方が得策ですよー」「非行問題だけに目を奪われがちですが、日ごろからのムード作りも重視してください」など、親御さんができる最良の方法をアドバイスさせていただきます。特には「その対応では甘すぎるのでは・・」と疑問を持たれる親御さんもおられます。もちろん、どんな理由でその対応をお勧めするかも丁寧に説明させていただきます。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(in大阪)(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

新年は1月6日(月)から診療いたします。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

このブログを立ち上げてもうすぐ一年になります。

昨年の12月は「かけこみ事前相談」が急に増え、次々と予約をとっていただきました。

そのため、1月前半はすでに予約がほぼ一杯の状況です。ちなみに、土曜日はご希望の方が最も多く、予約上限ギリギリの二ヶ月先まで予約で一杯です。

1月は少ないですが空きがございますので、年末年始の「オール」や、深夜徘徊など、子どもさんの非行問題に手を焼かれた親御さん、新学期からの登校も休みがちであったり、いわゆる「重役登校」をされてい子が増える時期です。中学三年生や高校三年生ならば、進学の子との温度差(勉強へのモチベーションの差)が大きく開くことも。

ぜひ、非行傾向の子どもさんが「投げやり・自暴自棄」になる前にご相談下さい。やけを起こしてしまった子の扱いはとても骨が折れるのです。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

非行タイプの子にとっての冬休みと年末年始

もはや、非行タイプの子にとって、大晦日は「オール(オールナイト=夜通し遊ぶ)」が当たり前になりつつあるようです。深夜徘徊以上の夜更かしですし、朝帰りの可能性も十分あります。カウントダウンイベントや、初日の出。もちろん、非行仲間と朝まで語り明かしたり、一緒に戸外やカラオケボックスなどで過ごすだけの子もいるようです。

その原点は「さびしさ」です。「みんなが集まるから自分も行きたい」はもとより、「家族と大晦日を過ごしてもつまらない」という気持ちから、楽しい非行仲間と年末年始を過ごす子が多いようです。

当センターは「家族療法」の専門機関です。こんな非行タイプの子に対して親としてどんな対応がとれるのか、年末年始を自宅で過ごさせるにはどうすれば良いか・・。100%成功する保証はありませんが、その子の今の人間関係・家族関係を詳しくお聞きすることができれば、ある程度は安全な形で年始を迎えることができます。

少しでも家庭の雰囲気を良くするにはどうすれば良いか、早めに家族旅行や家族での行事を本人に告げたらどう反応するか、こんな条件があったら家で過ごせるのでは・少しでも早く帰宅するのでは、など、いろいろな対応策を考え親御さんにアドバイス(提案)させていただきます。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【非行タイプ】と【不良】の違い

淀屋橋心理療法センターでは、通常の家族療法によるカウンセリングや、親御さんが初めて来所される「事前相談」の中で、【非行タイプ】という言葉(用語)をよく使います。

一般的には「非行少年=不良少年」という認識だと思いますが、私どもがカウンセリングする用語はあくまで「非行タイプ」なのです。ですから、「非行」タイプの子だからといって即ち「不良」とは違うのです。

当センターでは、「非行タイプ」をはじめ、不登校や非行のご相談の際に、ご相談対象の子どもさんを「対人緊張・対人恐怖症タイプ」「いじめを受けやすいタイプ」「ひきこもりタイプ」「心身症タイプ」など、その子の性格や持ち味などを分析して様々なタイプに分類した上で解決策を考えていきます。

そのうち「非行タイプ」は、「非行に走っている子たちと似たような性格をした子」という意味で使用します。「非行タイプ」の詳細は当センターのHPで説明していますし、無料の事前相談にお越しいただいた親御さんに細かく説明しています。

簡単に説明しますと「非行に走っている子は非行タイプ」ですが、「非行タイプの子」は必ずしも現段階では非行や不良に走っているとは限らないのです。しかし、その子への対応を間違えたり、周囲の環境によっては「非行・不良に走る可能性のある子」ということができます。それは、非行タイプの子の性格や持ち味がわかってくればご両親にも、十分に納得していただけると思います。

このような理由から、当センターではすでに非行に走っている子を改善(更生)に導くためのカウンセリングはもちろんのこと、「親や教師に対してどんどん反抗的になってきたし、このままでは非行に走ってしまうのでは?」「不良の子と付き合い始めたようで心配」という親御さんに対しても、適切なアドバイスをお出しします。当センターでは、解決しやすい非行タイプの子と解決しにくい非行タイプがございます。詳しくは事前相談の際に非行専門外来のカウンセラーにご相談下さい。

 

淀屋橋心理療法センター (https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

【非行】 <母と娘>同姓の強みを生かすカウンセリングを!

非行の子をもつ親にとって、子どもの非行行動はどうしても許せないでしょう。ご両親が真面目な方なら尚更です。非行カウンセリング相談をお受けしていると切実な親御さんの悲鳴や嘆きの声を毎回のようにお聞きします。

淀屋橋心理療法センターでは、「若いうちのヤンチャはやっておくべき」「反抗期だから何を言っても無駄だろう」という親御さんからのご相談は、効果が期待できないかもしれません。

私どもが得意な非行ケースは「親は真面目なのに子どもが非行」、それに加えて「何とかして子どもの非行を改善したい」と切実に悩んでおられる親御さんむけのカウンセリングと言えるでしょう。

特に、非行に走っている子が娘さんのカウンセリングの場合、なんといっても一番効果的なのはお母さん(母親)との関係を工夫することです。女同士だからできることはいっぱいあります。

淀屋橋心理療法センターの非行カウンセリングでも、母親に頑張っていただいて娘さんの非行を改善させるパターンは非常に多いです。非行の子が男の子の場合でも対応の主役は母親にお願いすることがほとんどです。

娘さんが中学生であれ、高校生であれ、非行・不良に走っているわが子を何とかしたいと考えられておられるご両親は是非ご相談下さい。もちろん事前相談(無料相談)もご利用いただけます。そして同姓の母親が積極的に対応していただくことで、非行の子(娘)はどんどん変わっていくのです。一緒にお風呂に入るのも良し、お互いに好きなミュージシャンの出演しているテレビやDVDを観るも良し、運転される方ならばドライブなども効果的です。最近では母子で「岩盤浴」が流行っているみたいです。

具体的な対応の仕方や言葉かけの仕方はその子によって違ってきますので、一言では説明できません。しかし、非行傾向で親に「反発ばかり・いうことをぜんぜんきかない」という子でも、その子に合った対応をとっていただいたり、言い方を少し工夫するだけで、みるみる子どもの反応が変わってくるのです。

「本当かしら?」と疑問をもたれた方も多いでしょうが、これは事実です。非行の子は基本的にさびしがり屋ですので、その「さびしさ」を感じない家庭を目指していただければ、家庭に居つくようにもなるのです。非行専門外来のカウンセリングでは、その子に応じた対応策を、母親の心理状態や性格・親子のテンポの違いなどに着目し、対応のアドバイスをお出しします。

 

淀屋橋心理療法センター(大阪駅・新大阪駅より地下鉄御堂筋線→北大阪急行線へ)

所長 福田俊一(精神科医・神経科医・心療内科医)

担当カウンセラー 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

【非行のカウンセリング】 茶髪のまま新学期に登校しようとする子

夏休みが終わり、学校によっては始業式はまちまちですが、新学期を迎える時期になりました。この時期に非行の子のことで親や教師を悩ませるのが「茶髪・金髪」や「ピアス」などの校則違反でしょう。

「夏休みだけ茶髪・金髪にさせてー。新学期には黒に戻すから」という約束もなんのその。せっかく染めた髪を黒染めする時にかなりの抵抗を示す子が多いようです。

「その髪じゃ学校に入れてもらえないよ」と「美容室予約したから髪を黒に戻しておいで!」と口をすっぱくして親が言っても、非行の子はなかなか聞き入れません。カウンセリングに来られている親御さんも新学期を迎えるにあたっての一番の心配は「宿題を終わらせる・ちゃんと朝起きて登校する」以外に、「校則違反のまま登校するのでは・・・」という心配が一番多いような気がします。校門でのチェックや、新学期早々の風紀チェックがあるのがわかっているのに、あえて黒染めをしない子。ここにも意外な非行の子の心理が働いているようです。

一つは「何か一つ自分らしさをアピールしたい」という子。それが茶髪・金髪やピアス。まるでその子のポリシーのように親がいくら注意してもいうことを聞きません。

もちろん、こんな子にもカウンセリングでは対応の工夫をして、校則違反を正す対応を考えます。頭ごなしに注意してもダメ・校則違反を引き合いに出しても聞く耳をもたない子。

非行の子にはそんな意思の強い・聞き分けの悪い子が多いのです。非行のカウンセリングでは親の対応の工夫の他、担任の先生に事前に相談をしたり、最初は別室登校からスタートさせるなどを方法などを試し、次第に黒染めにして教室に登校させる方法を考えます。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

【非行のカウンセリング】 非行の子は意外と家族思い

今年の夏休みは例年以上に非行のカウンセリング相談が多かった一ヶ月でした。

特に「スマホ中毒」「ネット中毒」「パソコン中毒」「LINE中毒」など、多くの非行傾向の子をお持ちの親御さんに対する記事をアップしたからかもしれません。

いつも親の心配をヨソに夜遊びにふける子、不良の子ばかりとつるんでいる子、万引きや窃盗などで警察に目をつけられている子、ゲーセン(ゲーセン)に入り浸っている子など、非行の子は家庭に居つかず、家にいると思ったら常にスマホやケータイを片時も離さず、「家族のことはどうでもいいと思っている」と考えてらっしゃる親御さんも多いと思います。中には「親のことを嫌ってるんだろう」と、悲観的に考えてらっしゃる親御さんもいらっしゃることでしょう。

しかし、淀屋橋心理療法センターで非行専門外来として25年以上「非行の子」のカウンセリングを担当していますと、現実的には意外と親のことを「好き」という子の方が多いというのがわかります。実際に非行の子が「悪いことをするから親が叱る」という当たり前のことを繰り返しているうちに、非行の子自身が「自分は親に嫌われている・見放されている」と感じるようになるのかもしれません。

このマイナス(負)の連鎖は、非行の子からはなかなか変えられません。当センターに来所される親御さんに対してカウンセラーがアドバイスをお出ししているうちに効果があがってくる場合がほとんどです。世間の常識や、身近な人の意見をきくと「もっと厳しく叱らないとダメ」と言われることが多いようですが、非行改善の実績をあげやすいのは、「厳しくない対応」であり、どんどん親子の関係が良くなっていくような対応なのです。

当センターの非行カウンセリングをスタートされる前に「事前相談(無料相談)」を利用されるご家族も多いのですが、このような話をするだけで、とても意外な感じを受けられるようです。「どんな本を読んでも、どんな人に相談しても、非行に走る原因は親が甘いからだ」と言われているそうなのです。

実際、非行のカウンセリングを長年やっていますと、非行に走る子ほど、他に比べて「親が好き・家族が好き」という子が多く、中学生や高校生になっても家族旅行を楽しみにする子も意外と多くいます。また、親御さんが仕事で疲れたり、病気で寝込んだりすると「しんどいなら寝とけやー」とか、「晩御飯は弁当買えばいいやん」など、完璧とはいえないまでも親のことを思っての発言を口にする子は多いのです。

どうか、世間の常識や、他人の意見に振り回されすぎず、非行には走っているがこの子は親のことを嫌っているのか、それとも好きなのか、一度、客観的な目にみてあげて下さい。

 

淀屋橋心理療法センター(大阪府豊中市・緑地公園駅)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

【非行・不登校の子の夏休み】朝から夜中までLINE、LINE、LINE

今やほとんどの高校生がスマホ(スマートフォン)を持っていると言っても過言ではありません。中学生で持っている子も多く、中には親のスマホをつかいまくっている子も多いようです。

スマホでいったい何をやっているのかというと、ゲームやメールはもちろんのこと、ほとんどの時間を「LINE」に使っているようです。朝起きたらまずLINE食事を摂っている時もLINEテレビを観ながらLINE部屋に入っている間もLINEと、一日中LINE漬けの生活をしている子が多いのです。

特に夏休みはLINE漬けの絶好の時期であり、親にとってはイライラのストレスが溜まる一方でしょう。学校の時間がLINEの時間に変わっただけといっても過言ではありません。特に、夏休みは毎日が休みなので、夜中や朝方までLINEをしている子もめずらしくありません。

非行の子は、ゲーセン(ゲームセンター)に入り浸り・不良の子とのつき合い・深夜徘徊など、以前は家に居着かない子がほとんどでしたが、携帯メールやスマホでのLINEが普及するにつれ、「家にいても常に不良や非行の友達とつながっている」という状況に変わり、相変わらず親子の会話もないというのはもどかしい限りです。

ただし、淀屋橋心理療法センターでは、このLINEを利用する方法も視野に入れてカウンセリングにあたっています。たとえば、親とは顔をあわせての会話がないものの、LINEでなら返事したりコミュニケーションがとれる子もおり、使いようによってはLINEは非行改善の有効手段であるとも言えるのです。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村