【非行】私立高校に専願で決まってから登校しにくくなる子

2月10日は京阪神の私立高校の入学試験日。奈良県や滋賀県などは、一足早く試験が行われたようで、この時期(2月中旬)になると、たいていの「私立専願の中学三年生」は受験が終わっています。ある親御さんにお聞きすると、その子どもさんのクラスの半分ぐらいが私立専願だとか・・。現時点では「私立高校無償化」の恩恵もあり、私立の方が合格が早く決まるだけでなく、施設面・待遇面などで公立よりは私立を考える子が多くなってきている気がします。

この「私立高校無償化」はいつまで続くのかは知りませんが、それまでは私立人気はまだまだ衰えないかも・・。何より、受験生にとっては「授業料」というよりは「早く高校を決めたい」という子も多いというのは否定できない事実でしょう。

しかし、私立専願が決まった子の中には、その後は中学校に通いづらくなったり、中学での居心地が悪くなることがあるのはご存知でしょうか。実は、中学には「公立高校」を第一志望にしている子もたくさんいるのです。そんな子にとっては、一日ごとに受験が近づくという意味で、日に日に焦りや不安が増していると言えるでしょうか。

「早々と高校が決まってお気楽な非行タイプの子」vs「これから本番を迎えるにあたり、毎日が必死の受験生」。当然のことながら両者の間には、気持ちの面での「温度差」が生じます。うわさですが、非行傾向の子で私立が決まった子は、担任の先生からの「学校にくるな」と言われたり、受験生中心の空気に負け、休みがちになっている子がいるという話をお聞きします。

これから公立高校を受験する子をしっかりフォローするのも担任の先生の役割ですが、非行で私立が決まった子もクラスの一員には変わりありません。ここで登校しにくいムードをつくってしまうと、担任不振・教師不振を招いてしまったり、不登校に慣れてしまうということも。ここは担任の先生のリーダーシップ(手腕)が問われるところでしょう。

淀屋橋心理療法センター (←クリック! 当センターのホームページも是非ご覧下さい)

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

 

【非行】受験する私立高校を決定する際の親子の葛藤

三学期が始まり、中学三年生の子にとってはいよいよ「私立高校」の願書を提出時期です。二学期終わりの三者面談ではおおよその受験校を担任の先生から示されたことでしょう。学力や内申書の悪い子の場合は「○○高校を専願受験で」と、かなり絞った条件を示されることもあるようです。

非行傾向の子は、二学期の終わりに上記のような大事な話をされたとしても、冬休みに入ってしまうと一気に「夜遊び・深夜徘徊」「毎日どこかに行っては遊びっぱなし」と、気が緩んでしまう子が多く、極めつけは大晦日。「友だちとオール(ナイト)で、初日の出・初詣」という話をよく耳にします。親御さんの思惑とは裏腹に、冬休みの間に親子で高校受験に向けて真剣に向き合う・話し合うのは難しかったのでは?。

三学期が始まり、私立高校受験の願書提出期限が迫る中、親の話題は目先の「私立高校」の話に偏りがち。しかも、期限が迫ってくるだけに親御さんも子どもの顔を見るたびに口をすっぱく言ってしまい、一方の子どもからは「わかってる!」「うるさい!」と、ほとんど話の土俵には上がってくれません。

実は、こんな時こそ「話の進め方のテクニック」があるのです。子どもさんのタイプによって違ってくるため、一概には言えませんが、どちらかというと「急がば回れ」戦法の方が功を奏することが多いようです。対応に苦慮しておられる場合は是非ご相談ください。「その子向きの具体的な対応」をアドバイスいたします。

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)