【非行】大阪・高槻市・中学生殺人事件はなぜ起こったか 心理カウンセラーの視点から

ここ大阪でも、とうとう中学生の殺人事件が起こってしまいました。詳細については、さらに詳しい情報が報道された上でコメントしたいと思います。

中学生になると、いわゆる「非行・不良」という子だけでなく、「家庭での居心地が悪い」「親子の関係がうまくいってない」「友だちと一緒にいないと不安でたまらない」という子が増えてきます。万引きやケンカといった行動までは起こさないものの、夜になるとふら~っと家から出て行ってしまう子、それに誘われたら気軽に(断れずに)つきあってくれる子も増えます。つまり、非行傾向の子は単独行動はほとんどせず、必ず二人以上で行動するというのも一つの特徴でしょう。もし、一人でいるところを見かけた場合は「友だち探し」をしているのかも・・。

そんな子たちは家の居心地が悪いとか、さびしいなどの理由で外出(家出)するため、特にこれといった目的なしに行動する傾向があります。もちろん、「あそこに行けば○○がいる」という「アテ」があればそこに向うことも。それぐらい・彼ら・彼女らは寂しさを紛らわせる(=楽しくすごしたい)ということを第一に行動しているような気がします。

しかも、彼ら・彼女らは常に「遊んでくれる子・相手をしてくれる子」を欲しています。場合によっては、見知らぬ人でも、気軽に・フレンドリーに接してきたら、その誘いにのってしまうかも・・。

もちろん、これが今回の殺人事件の真相かどうかはわかりません。詳しくわかり次第、修正・加筆したいと思います。

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

【非行】 <母と娘>同姓の強みを生かすカウンセリングを!

非行の子をもつ親にとって、子どもの非行行動はどうしても許せないでしょう。ご両親が真面目な方なら尚更です。非行カウンセリング相談をお受けしていると切実な親御さんの悲鳴や嘆きの声を毎回のようにお聞きします。

淀屋橋心理療法センターでは、「若いうちのヤンチャはやっておくべき」「反抗期だから何を言っても無駄だろう」という親御さんからのご相談は、効果が期待できないかもしれません。

私どもが得意な非行ケースは「親は真面目なのに子どもが非行」、それに加えて「何とかして子どもの非行を改善したい」と切実に悩んでおられる親御さんむけのカウンセリングと言えるでしょう。

特に、非行に走っている子が娘さんのカウンセリングの場合、なんといっても一番効果的なのはお母さん(母親)との関係を工夫することです。女同士だからできることはいっぱいあります。

淀屋橋心理療法センターの非行カウンセリングでも、母親に頑張っていただいて娘さんの非行を改善させるパターンは非常に多いです。非行の子が男の子の場合でも対応の主役は母親にお願いすることがほとんどです。

娘さんが中学生であれ、高校生であれ、非行・不良に走っているわが子を何とかしたいと考えられておられるご両親は是非ご相談下さい。もちろん事前相談(無料相談)もご利用いただけます。そして同姓の母親が積極的に対応していただくことで、非行の子(娘)はどんどん変わっていくのです。一緒にお風呂に入るのも良し、お互いに好きなミュージシャンの出演しているテレビやDVDを観るも良し、運転される方ならばドライブなども効果的です。最近では母子で「岩盤浴」が流行っているみたいです。

具体的な対応の仕方や言葉かけの仕方はその子によって違ってきますので、一言では説明できません。しかし、非行傾向で親に「反発ばかり・いうことをぜんぜんきかない」という子でも、その子に合った対応をとっていただいたり、言い方を少し工夫するだけで、みるみる子どもの反応が変わってくるのです。

「本当かしら?」と疑問をもたれた方も多いでしょうが、これは事実です。非行の子は基本的にさびしがり屋ですので、その「さびしさ」を感じない家庭を目指していただければ、家庭に居つくようにもなるのです。非行専門外来のカウンセリングでは、その子に応じた対応策を、母親の心理状態や性格・親子のテンポの違いなどに着目し、対応のアドバイスをお出しします。

 

淀屋橋心理療法センター(大阪駅・新大阪駅より地下鉄御堂筋線→北大阪急行線へ)

所長 福田俊一(精神科医・神経科医・心療内科医)

担当カウンセラー 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村