父親も母親も厳しいのに非行に!

「非行に走っている子」といえば、その原因は「親が甘やかしている」「親が放ったらかしにしているから」と思われている方が多いと思います。実際、カウンセリングに相談に来られる非行の子の友達の家庭によっては、そういった放任家庭があるのも事実のようです。

でも、淀屋橋心理療法センターに非行の相談にこられる親御さんは明らかに違います。「帰りが遅いと鍵をかけて締め出す」「いくら注意しても帰りが遅いときは警察に捜索願を出す」「毎日、顔を合わせると説教ばかりしている」「連絡しても出ないので携帯電話・スマホの契約を打ち切った」「お小遣いを無しにした」など、かなり厳しい対応をとられる親御さんも少なくありません。少なくとも、基本的には一般的な家庭よりは「もともと躾には厳しい」というご家庭の方が多い気がします。

それもそのはず、子どもの非行に悩んで当センターに来所されるだけでも、時間的・費用的な負担も少なくありません。東京や九州など、はるか遠方からわざわざ大阪までカウンセリングにこられる親御さんも多くの割合を閉めています。最近ではお仕事をされているご両親も多く、カウンセリングの日程調整が難しい場合、わざわざお休みや半休(半日休暇)をとって来られ、カウンセリングが終わるや否や、お仕事に向われる親御さんも少なくないのです。

「淀屋橋心理療法センターに非行の相談に来られる親御さんひと一倍、わが子の非行に悩み、なんとか解決したいという熱意の強い人」ということが言えると思います。

非行専門カウンセラーとしても、熱意(非行解決へのモチベーション)の強い親御さんほど、カウンセリングの成果も上がりやすいというのを実感しています。カウンセラーは、その熱意を大事にしつつ、その熱意をどのように非行の子に表現すれば良いか、的確なアドバイスに努めています。時には「厳しい対応を、少しこんな風に変えてみてください」「携帯電話・スマホの解約は最後の手段にしてください」「深夜遅くに帰宅した場合、咎めるだけでなくこんな対応の方が得策ですよー」「非行問題だけに目を奪われがちですが、日ごろからのムード作りも重視してください」など、親御さんができる最良の方法をアドバイスさせていただきます。特には「その対応では甘すぎるのでは・・」と疑問を持たれる親御さんもおられます。もちろん、どんな理由でその対応をお勧めするかも丁寧に説明させていただきます。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(in大阪)(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村