【非行】受験する私立高校を決定する際の親子の葛藤

三学期が始まり、中学三年生の子にとってはいよいよ「私立高校」の願書を提出時期です。二学期終わりの三者面談ではおおよその受験校を担任の先生から示されたことでしょう。学力や内申書の悪い子の場合は「○○高校を専願受験で」と、かなり絞った条件を示されることもあるようです。

非行傾向の子は、二学期の終わりに上記のような大事な話をされたとしても、冬休みに入ってしまうと一気に「夜遊び・深夜徘徊」「毎日どこかに行っては遊びっぱなし」と、気が緩んでしまう子が多く、極めつけは大晦日。「友だちとオール(ナイト)で、初日の出・初詣」という話をよく耳にします。親御さんの思惑とは裏腹に、冬休みの間に親子で高校受験に向けて真剣に向き合う・話し合うのは難しかったのでは?。

三学期が始まり、私立高校受験の願書提出期限が迫る中、親の話題は目先の「私立高校」の話に偏りがち。しかも、期限が迫ってくるだけに親御さんも子どもの顔を見るたびに口をすっぱく言ってしまい、一方の子どもからは「わかってる!」「うるさい!」と、ほとんど話の土俵には上がってくれません。

実は、こんな時こそ「話の進め方のテクニック」があるのです。子どもさんのタイプによって違ってくるため、一概には言えませんが、どちらかというと「急がば回れ」戦法の方が功を奏することが多いようです。対応に苦慮しておられる場合は是非ご相談ください。「その子向きの具体的な対応」をアドバイスいたします。

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

 

【非行】高校受験の内申書と担任の役割

【「私立高校の入試」と「調査書の内申点」】

大阪でも私立高校の入試が終わりました。不登校の子も登校していない分、内申点(調査書)が不利なのですが、学校には登校していても「非行タイプの子」も高校受験が不利な子が多いようです。内申書や調査書には出欠状況(遅刻・早退)はもとより、授業態度が悪かったり提出物がきちんとだせていないために平常点が低く評価されてしまうというのが主な理由です。

もちろん、高校によっては調査書の内申点よりも当日の入試の点数を重視してくれる高校もあります。ただし、担任教師からはそのような情報が得られず、受験校を決める三者面談でも最初から「単位制・通信制高校」だけを勧められることもあるという話を親御さんから聞いたことがあります。カウンセラーは非行や不登校のご相談を長年お手伝いしてきたこともあり、親御さんが懸命に探されたり担任の先生によっては色々と調べて下さった結果、数は少ないものの、内申書・調査書重視ではない普通高校(全日制高校)があるのを知っています。カウンセリングにこられた親御さんに「内申書よりも当日の入試の点数を重視してくれる高校もありますよー」とお伝えして驚かれることもよくあります。このように、担任の先生によっては、高校の受験情報を色々と調べて下さって、単位制や通信制高校の他にも「当日の入試の点数重視」の学校の情報も教えて下さるのです。

非行のカウンセリングを長年担当して感じることですが、担任教師の中には、非行の子の表面だけをみて「提出物も出さないんだからこいつはやる気がない」「中学で真面目にできないんだから普通高校なんて無理!」というレッテルを貼ってしまう先生がいる一方、非行の子を扱いなれた先生によっては「この子の突っ張りはさびしさから来てるんだろうなー」「この子は周りに流されやすい子だから、なるべく普通の高校の方がいいだろう」など、非行の子の内面まで考えて下さる先生もおられます。

中学三年生の受験生を受け持つ担任の先生は確かに大変です。生徒が非行や不登校なら対応にもいっそう骨が折れるでしょう。でも高校受験というタイミングは子ども(生徒)にとって大きな「転機」でもあるのです。親の対応が実を結び「ずっと非行で不登校だった我が子が高校受験まぎわにやる気になった」という例も多数あります。ぜひ可能な限りの選択肢を示してあげると共に、親御さんも積極的に情報収集をして上げて下さい。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村