【非行】中1の子の殺害事件。その背景にある人間関係は?

この事件を「非行問題」と呼んで良いのかどうか、このところ「中1男子」の子が殺害された事件が毎日のように報道されています。本日のニュースでは「少年グループに事情聴取」。実に20人ぐらいの中学生や高校生との接点があったと。テレビでインタビューを受けた少年は(年上の少年たちは)「接しやすい人」と肯定的なコメントを。でも、殺害方法は頚動脈をきられている・・・。「いったいどんな連中が・・」。司会者の言葉が頭に残ります。少年たちが事情聴取中とのこと、いつになると事実がわかるのでしょうか。

「万引きや不登校を強要され、断ると・・」など、友人に語っていた。

「担任が電話で話をした。電話は10回以上」

その後、担任は母親とも話をしている。

「パン食べる?・・」これが最後の親子の会話。

不登校や非行のカウンセリングを担当している私にとって、「万引き」「不登校」というコメントを耳にすると、どうしても意識してしまいます。

淀屋橋心理療法センターがお手伝いしている「非行」の子の中には、「万引き」をする子は確かにいます。しかし、殺人事件は今のところ耳にしたことがありません。

これから取り調べ・報道が進む中で事実や真相がわかってくると思いますが、加害者の少年たちは元より、被害者の子の置かれた事情が何より気になります。イヤイヤながらも断りきれず加害者の子たちとつき合わざるを得なかったのか、「超さびしがり屋で、とにかく友だち=居場所」が欲しい子だったのか。今後の報道に注目したいと思います。

 

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/) ←クリック!

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。