川崎市・中1少年殺害事件。逮捕された少年は18才

本日のテレビのニュースで、不良のリーダー格の18才の少年が逮捕されたとの報道がありました。被疑者の父親のインタビューも放送されていましたが、テレビカメラの前のためかもしれませんが、私どもがお手伝いしてきた非行の子の親御さんとは、全くタイプの違うしゃべり方だなーという印象を受けました。

殺害された少年は「13才」の少年、不良のリーダー格の少年は「18才」。年齢差は5才もあるわけです。世間的にみれば中学1年生の子が高校3年生の子とつきあっていたということ対しては、少なからず違和感を覚えられる方も多いことでしょう。しかし、非行のカウンセリングの中で聞くだけでも、非行・不良グループの付き合いは、男女が入り混じったり、年齢層も広く、中には成人した(いい年をした)20歳以上の子とのつき合いもあるようなのです。

この事件とは別にして、私どもが非行問題のお手伝いをしているケースの場合でも、中学生が高校生と接点をもっている例は少なくありません。たいていのきっかけは、年上の不良のリーダー格から「甘い声・誘い」がかかり、初めのうちはそれなりに楽しく構ってもらえているようです。しかし、これは、あくまで初めの「餌まき」。何度か恩を売っているうち、年下の中学生の少年は「よく誘ってくれるし、いろいろとおごってくれる」リーダー格の不良の子に対して、「気に入ってもらっている・自分を必要としてくれている」と感じるように。これも非行タイプの子の特徴の一つです。そして、親の反対をわかりながらも積極的に誘いに応じるように・・。しかし、悲劇はそれから始まるのです。

不良たちは被害者少年がなついた頃合いを見計いながら、徐々に接し方が変わってくるのです。初めは「歓迎されるお客さん」のような扱いを受けていた子が、次第に「手下」「パシリ」に・・。万引きの強要なども、「いやだなー」と思いながらも「でも、これまでお世話になってきたし、断ったらもう誘ってくれなかったり、下手したら何かされるかも・・」。いろいろ悩んだ末に万引きを実行してしまう子もいるようです。ここまできたら、両者の立場は正反対に。不良グループの高校生の少年が「ボス」に、パシリや万引きをさせられている中学生は「手下」という構図ができあがってしまうわけです。

そうなれば、何時であろうが呼び出しに応じなければならない。何時に帰れるのはボスや不良グループ次第。もちろんパシリはあたり前。

こんな被害者のようなタイプの非行の子をもつ親御さんからのカウンセリング依頼があった場合。対応をがらっと変えていただくことがよくあまります。明らかに遅い時間に出かけようとしている・帰ってくるのは深夜か朝帰り・「どこにいくの!」「何時にかえるの!」と問い詰めても、たいていは「わからん」という返事。非行に走っているわが子のことをこんなに心配しているのは、いい加減な反応や対応。つい、とがめたり大声を上げたくなるものです。

しかし、被害者の中学生にとっても辛い部分があることも多いようです。実際のところ、ボス格の不良の先輩から呼び出されているだけに、実際に「どこで何をするのか」「今日は何時に帰れるのか」・・本当にわからないんです。その上に親からとがめられると、子どもさんはまさに「板ばさみ状態」になってしまいます。やっていることは悪いこと。しかし、それ以上に息子をめぐって何が起こっているかという「状況把握・情報収集」は何より優先し、大事にしていただきます。「どんな手をうつか」は、状況が詳しくわかってから+被害者ともいえる息子さん本人と相談しながら相談していただくというのが理想です。もちろん、話し合いの場・ムード・話の進め方などは非行専門のカウンセラーがアドバイスさせていただきます。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/) ←クリック!

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ ←クリックしてランキングアップにご協力下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ ←クリックしてランキングアップにご協力下さい。

【非行・不登校】「はじめ優しく、次第にパシリ」・・これが非行の公式

【非行・不登校】「はじめ優しく、次第にパシリ」・・実はこれが非行の公式の一つなんです。

非行のグループに入る子は、きっかけは様々ですが基本的には「超さびしがり屋」の子。特に年上の子との接点ができると、年上の子は不良・非行の子といえども最初はとっても優しく・気前よく・色々おごってくれたりチヤホヤしてくれるようです。実は、これが彼らのいつもの手口・罠なのです。さびしがり屋の子にとって、不良グループはまさに「自分を歓迎してくれる居心地の良い場」なのです。しかし、この「おいしい状況」は長くはつづきません。

年上の不良は次第に優しさがなくなるどころか、パシリをさせられたり、万引きを強要されたり、夜中に急に呼び出されたりと、まさに奴隷のような状況になってしまう子が多いようです。でも、一回できた縁はなかなか切れないもの。携帯の番号やLINEのIDも知られている。下手をすると、自宅にのりこんできたり、友だちや学校にも良からぬ情報を流されるかもしれない・・、そんな不安が頭をよぎると、結局は不良・非行の子の言うことに従わざるを得ない状況に。

この後の展開は実に様々。中でも親が子どもの異変に気づいて学校に相談したり、カウンセリングに相談したり、適切な行動をとることで状況を変えることができることも。しかし、相談する相手(相談機関)によって対応のアドバイスはマチマチ。「アドバイスは何ももらえなかった」とおっしゃる親御さんもおられます。わが子の危機・ピンチを親が救う!。そのためには、相談機関の信用性(アドバイスに納得できるかどうか)などは慎重に判断すべきでしょう。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/) ←クリック!

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ ←できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ ←できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

川崎市・中1男子殺害事件・不良グループの付き合いがあった?

連日報道され、注目を集めている「川崎市・中1男子殺害事件・遺体事件」ですが、本日の報道(フジテレビ系(FNN) 2月26日(木)18時2分配信)では、やはり少し前から「不良グループ」との付き合いがあったと説明されていました。

【フジテレビの報道記事引用】

「Uさんの友人は、「あいつはいいやつだから。差別なしに、みんなと遊んでいたから、こういう結果になっちゃったのかなと」と話した。
事件の3カ月前、Uさんは、同じ中学校や他校の生徒で構成された少年グループのメンバーだった。
しかし、友人の紹介で、地元の不良グループのリーダー格である少年と知り合い、そのグループのメンバーになったという。」

さらに、

「同級生は「後ろから先輩の顔色うかがって、パシリ(使い走り)みたいな。(先輩から)万引きを1人でしてこいと言われて、『それはできません』って言って、そこから暴力が始まったと聞きました」と話した。
「グループを抜けたい」と告げても許されず、暴力はエスカレート。
不良グループに、毎日連れ回されていたという。」

Uさんはさびしかったから、不良グループに入ったのか、それとも何らかの事情で引っ張り込まれたのか・・。それにしても、私どもが非行のカウンセリングでよく耳にする「パシリ」「断ったら暴力」「グループを抜けたくても許されず」・・。殺害事件までには及ばないものの、同様の状況に陥った子どもさんの相談を親御さんからたくさん受けています。もちろん、親御さんからカウンセリングの相談があるということは、少なからず「息子の様子がおかしい」と気づき、「早いうちに手を打たなければ!」という必死な親御さんということです。

「不登校」のみならず「不良グループ=非行」という私どもの専門とするキーワードがいくつもでてくるようになりました。さらなる捜査の動向をみながら、コメントをしていきたいと思います。

今回の情報の出典元=フジテレビ系(FNN) 2月26日(木)18時2分配信

 

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/) ←クリック!

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

 

非行の子の男女交際・異性関係=別れても「友だち」

非行の子をもつ親御さんにとって、異性との付き合いはとても気を揉みます。この彼氏・彼女の関係は、昔に比べて大きく変わってきているところがあるようです。

一昔前ならば、つきあっていた彼氏・彼女と別れれば、どちらからも連絡をとらなくなって次第に疎遠な関係になるのが普通でした。しかし、今どきの中学生や高校生の男女交際は違うのです。「確か彼氏と別れたはずなのに、今でも時どき会ってるみたい」。親としては首をひねってしまうのですが、どうやら「彼氏・彼女」の関係でなくなれば「友だち」の関係に戻るようなのです。一度他の子とつき合った後でまた前の彼氏・彼女とヨリを戻すという話もよく耳にします。

この現象は見方によれば「非行の子らしい」と言えるでしょう。非行や不良と呼ばれる彼らや彼女らは、とってもさびしがり屋。友だちが増えるのは大歓迎、でも減るのはとっても不安なんです。一緒に遊んだり話せる(ダベれる)子が多ければ多いほど楽しく安心なのです。

スマホやケータイを手放さないのも「常に誰かとつながっていたい」という心理が働くからです。不登校やひきこもりの子のようにスマホでゲームや動画三昧(ネット中毒)というのではなく、非行の子たちのスマホの使用目的は「LINE」や「通話」がほとんどのようです。

 

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

【非行のカウンセリング】 非行の子は意外と家族思い

今年の夏休みは例年以上に非行のカウンセリング相談が多かった一ヶ月でした。

特に「スマホ中毒」「ネット中毒」「パソコン中毒」「LINE中毒」など、多くの非行傾向の子をお持ちの親御さんに対する記事をアップしたからかもしれません。

いつも親の心配をヨソに夜遊びにふける子、不良の子ばかりとつるんでいる子、万引きや窃盗などで警察に目をつけられている子、ゲーセン(ゲーセン)に入り浸っている子など、非行の子は家庭に居つかず、家にいると思ったら常にスマホやケータイを片時も離さず、「家族のことはどうでもいいと思っている」と考えてらっしゃる親御さんも多いと思います。中には「親のことを嫌ってるんだろう」と、悲観的に考えてらっしゃる親御さんもいらっしゃることでしょう。

しかし、淀屋橋心理療法センターで非行専門外来として25年以上「非行の子」のカウンセリングを担当していますと、現実的には意外と親のことを「好き」という子の方が多いというのがわかります。実際に非行の子が「悪いことをするから親が叱る」という当たり前のことを繰り返しているうちに、非行の子自身が「自分は親に嫌われている・見放されている」と感じるようになるのかもしれません。

このマイナス(負)の連鎖は、非行の子からはなかなか変えられません。当センターに来所される親御さんに対してカウンセラーがアドバイスをお出ししているうちに効果があがってくる場合がほとんどです。世間の常識や、身近な人の意見をきくと「もっと厳しく叱らないとダメ」と言われることが多いようですが、非行改善の実績をあげやすいのは、「厳しくない対応」であり、どんどん親子の関係が良くなっていくような対応なのです。

当センターの非行カウンセリングをスタートされる前に「事前相談(無料相談)」を利用されるご家族も多いのですが、このような話をするだけで、とても意外な感じを受けられるようです。「どんな本を読んでも、どんな人に相談しても、非行に走る原因は親が甘いからだ」と言われているそうなのです。

実際、非行のカウンセリングを長年やっていますと、非行に走る子ほど、他に比べて「親が好き・家族が好き」という子が多く、中学生や高校生になっても家族旅行を楽しみにする子も意外と多くいます。また、親御さんが仕事で疲れたり、病気で寝込んだりすると「しんどいなら寝とけやー」とか、「晩御飯は弁当買えばいいやん」など、完璧とはいえないまでも親のことを思っての発言を口にする子は多いのです。

どうか、世間の常識や、他人の意見に振り回されすぎず、非行には走っているがこの子は親のことを嫌っているのか、それとも好きなのか、一度、客観的な目にみてあげて下さい。

 

淀屋橋心理療法センター(大阪府豊中市・緑地公園駅)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

【非行・不登校の子の夏休み】朝から夜中までLINE、LINE、LINE

今やほとんどの高校生がスマホ(スマートフォン)を持っていると言っても過言ではありません。中学生で持っている子も多く、中には親のスマホをつかいまくっている子も多いようです。

スマホでいったい何をやっているのかというと、ゲームやメールはもちろんのこと、ほとんどの時間を「LINE」に使っているようです。朝起きたらまずLINE食事を摂っている時もLINEテレビを観ながらLINE部屋に入っている間もLINEと、一日中LINE漬けの生活をしている子が多いのです。

特に夏休みはLINE漬けの絶好の時期であり、親にとってはイライラのストレスが溜まる一方でしょう。学校の時間がLINEの時間に変わっただけといっても過言ではありません。特に、夏休みは毎日が休みなので、夜中や朝方までLINEをしている子もめずらしくありません。

非行の子は、ゲーセン(ゲームセンター)に入り浸り・不良の子とのつき合い・深夜徘徊など、以前は家に居着かない子がほとんどでしたが、携帯メールやスマホでのLINEが普及するにつれ、「家にいても常に不良や非行の友達とつながっている」という状況に変わり、相変わらず親子の会話もないというのはもどかしい限りです。

ただし、淀屋橋心理療法センターでは、このLINEを利用する方法も視野に入れてカウンセリングにあたっています。たとえば、親とは顔をあわせての会話がないものの、LINEでなら返事したりコミュニケーションがとれる子もおり、使いようによってはLINEは非行改善の有効手段であるとも言えるのです。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村