【非行】大阪・高槻市・中学生殺人事件はなぜ起こったか 心理カウンセラーの視点から

ここ大阪でも、とうとう中学生の殺人事件が起こってしまいました。詳細については、さらに詳しい情報が報道された上でコメントしたいと思います。

中学生になると、いわゆる「非行・不良」という子だけでなく、「家庭での居心地が悪い」「親子の関係がうまくいってない」「友だちと一緒にいないと不安でたまらない」という子が増えてきます。万引きやケンカといった行動までは起こさないものの、夜になるとふら~っと家から出て行ってしまう子、それに誘われたら気軽に(断れずに)つきあってくれる子も増えます。つまり、非行傾向の子は単独行動はほとんどせず、必ず二人以上で行動するというのも一つの特徴でしょう。もし、一人でいるところを見かけた場合は「友だち探し」をしているのかも・・。

そんな子たちは家の居心地が悪いとか、さびしいなどの理由で外出(家出)するため、特にこれといった目的なしに行動する傾向があります。もちろん、「あそこに行けば○○がいる」という「アテ」があればそこに向うことも。それぐらい・彼ら・彼女らは寂しさを紛らわせる(=楽しくすごしたい)ということを第一に行動しているような気がします。

しかも、彼ら・彼女らは常に「遊んでくれる子・相手をしてくれる子」を欲しています。場合によっては、見知らぬ人でも、気軽に・フレンドリーに接してきたら、その誘いにのってしまうかも・・。

もちろん、これが今回の殺人事件の真相かどうかはわかりません。詳しくわかり次第、修正・加筆したいと思います。

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

【非行・不登校】「はじめ優しく、次第にパシリ」・・これが非行の公式

【非行・不登校】「はじめ優しく、次第にパシリ」・・実はこれが非行の公式の一つなんです。

非行のグループに入る子は、きっかけは様々ですが基本的には「超さびしがり屋」の子。特に年上の子との接点ができると、年上の子は不良・非行の子といえども最初はとっても優しく・気前よく・色々おごってくれたりチヤホヤしてくれるようです。実は、これが彼らのいつもの手口・罠なのです。さびしがり屋の子にとって、不良グループはまさに「自分を歓迎してくれる居心地の良い場」なのです。しかし、この「おいしい状況」は長くはつづきません。

年上の不良は次第に優しさがなくなるどころか、パシリをさせられたり、万引きを強要されたり、夜中に急に呼び出されたりと、まさに奴隷のような状況になってしまう子が多いようです。でも、一回できた縁はなかなか切れないもの。携帯の番号やLINEのIDも知られている。下手をすると、自宅にのりこんできたり、友だちや学校にも良からぬ情報を流されるかもしれない・・、そんな不安が頭をよぎると、結局は不良・非行の子の言うことに従わざるを得ない状況に。

この後の展開は実に様々。中でも親が子どもの異変に気づいて学校に相談したり、カウンセリングに相談したり、適切な行動をとることで状況を変えることができることも。しかし、相談する相手(相談機関)によって対応のアドバイスはマチマチ。「アドバイスは何ももらえなかった」とおっしゃる親御さんもおられます。わが子の危機・ピンチを親が救う!。そのためには、相談機関の信用性(アドバイスに納得できるかどうか)などは慎重に判断すべきでしょう。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/) ←クリック!

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ ←できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ ←できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

GW後の非行悪化は「五月病?」「怠け?」

5月になると、不登校の相談と同じく非行の相談の増えてきます。一つの要因はGW(ゴールデンウイーク)をはさんだことでしょう。

4月に入学して仲間ができてきたところにゴールデンウイーク到来!。非行傾向やさびしがり屋の子はすかさず友だちと遊ぶ約束をし、急に帰宅時間が遅くなる事があります。定番の遊び場はゲーセン(ゲームセンター)にカラオケ、それにラウンド・ワンに代表される複合施設。ボーリングやスポッチャではしゃいだり、今はキャンペーンのせいかずいぶんとあまりお金をかけずに長時間あそべるようです。また、今でも公園やコンビニで夜遅くまでだべってる(おしゃべりしている)のも定番の一つのようです。

4月はそれなりに緊張感があったものの、ゴールデンウイークで気がゆるんでしまうと、まじめに登校するのがだるくなりがちに。平気で遅刻したり、ちょこちょこ休みはじめたりと、5月になると非行傾向の子にも悪い変化が訪れます。

もちろん、五月に調子を乱すという意味では「五月病」に近いとも言えます。ただ、wikipediaなどによると、五月病は社会人や大学生などに使われることが多いようで、中学生や高校生はあまり対象とはされていないような感じです。そうなると、親御さんや教師の判断は「怠け」ということに・・。しかし、単に「怠け」の一言だけでは片付けられないところもあるのです。

非行のカウンセリングを長年担当していますと、非行傾向の子は意外とデリケートな子が多く、態度は悪いものの、内心では「居場所がないなー」「さびしいなー」と感じている子も多いのです。短い休み時間や昼休みだけでは、満足できるほど楽しめないのでしょう。それよりも、授業がわからなくて苦痛とか、態度が悪くて教師から注意をしょっちゅう受けるようになると、ますます学校から足が遠のいてしまいます。

こんな時に親御さんができることをアドバイスするのが当センターです。時には学校の先生に協力依頼をしていただくこともありますが、家庭での会話(学校でのグチや不満)などを聞いてやるだけでも、気分転換できる子もいます。ずるずるいって、夏休みにいっそう非行が悪化するのだけは避けたいものです。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村

 

【非行】高校受験の内申書と担任の役割

【「私立高校の入試」と「調査書の内申点」】

大阪でも私立高校の入試が終わりました。不登校の子も登校していない分、内申点(調査書)が不利なのですが、学校には登校していても「非行タイプの子」も高校受験が不利な子が多いようです。内申書や調査書には出欠状況(遅刻・早退)はもとより、授業態度が悪かったり提出物がきちんとだせていないために平常点が低く評価されてしまうというのが主な理由です。

もちろん、高校によっては調査書の内申点よりも当日の入試の点数を重視してくれる高校もあります。ただし、担任教師からはそのような情報が得られず、受験校を決める三者面談でも最初から「単位制・通信制高校」だけを勧められることもあるという話を親御さんから聞いたことがあります。カウンセラーは非行や不登校のご相談を長年お手伝いしてきたこともあり、親御さんが懸命に探されたり担任の先生によっては色々と調べて下さった結果、数は少ないものの、内申書・調査書重視ではない普通高校(全日制高校)があるのを知っています。カウンセリングにこられた親御さんに「内申書よりも当日の入試の点数を重視してくれる高校もありますよー」とお伝えして驚かれることもよくあります。このように、担任の先生によっては、高校の受験情報を色々と調べて下さって、単位制や通信制高校の他にも「当日の入試の点数重視」の学校の情報も教えて下さるのです。

非行のカウンセリングを長年担当して感じることですが、担任教師の中には、非行の子の表面だけをみて「提出物も出さないんだからこいつはやる気がない」「中学で真面目にできないんだから普通高校なんて無理!」というレッテルを貼ってしまう先生がいる一方、非行の子を扱いなれた先生によっては「この子の突っ張りはさびしさから来てるんだろうなー」「この子は周りに流されやすい子だから、なるべく普通の高校の方がいいだろう」など、非行の子の内面まで考えて下さる先生もおられます。

中学三年生の受験生を受け持つ担任の先生は確かに大変です。生徒が非行や不登校なら対応にもいっそう骨が折れるでしょう。でも高校受験というタイミングは子ども(生徒)にとって大きな「転機」でもあるのです。親の対応が実を結び「ずっと非行で不登校だった我が子が高校受験まぎわにやる気になった」という例も多数あります。ぜひ可能な限りの選択肢を示してあげると共に、親御さんも積極的に情報収集をして上げて下さい。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

非行タイプの子にとっての冬休みと年末年始

もはや、非行タイプの子にとって、大晦日は「オール(オールナイト=夜通し遊ぶ)」が当たり前になりつつあるようです。深夜徘徊以上の夜更かしですし、朝帰りの可能性も十分あります。カウントダウンイベントや、初日の出。もちろん、非行仲間と朝まで語り明かしたり、一緒に戸外やカラオケボックスなどで過ごすだけの子もいるようです。

その原点は「さびしさ」です。「みんなが集まるから自分も行きたい」はもとより、「家族と大晦日を過ごしてもつまらない」という気持ちから、楽しい非行仲間と年末年始を過ごす子が多いようです。

当センターは「家族療法」の専門機関です。こんな非行タイプの子に対して親としてどんな対応がとれるのか、年末年始を自宅で過ごさせるにはどうすれば良いか・・。100%成功する保証はありませんが、その子の今の人間関係・家族関係を詳しくお聞きすることができれば、ある程度は安全な形で年始を迎えることができます。

少しでも家庭の雰囲気を良くするにはどうすれば良いか、早めに家族旅行や家族での行事を本人に告げたらどう反応するか、こんな条件があったら家で過ごせるのでは・少しでも早く帰宅するのでは、など、いろいろな対応策を考え親御さんにアドバイス(提案)させていただきます。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【非行タイプ】と【不良】の違い

淀屋橋心理療法センターでは、通常の家族療法によるカウンセリングや、親御さんが初めて来所される「事前相談」の中で、【非行タイプ】という言葉(用語)をよく使います。

一般的には「非行少年=不良少年」という認識だと思いますが、私どもがカウンセリングする用語はあくまで「非行タイプ」なのです。ですから、「非行」タイプの子だからといって即ち「不良」とは違うのです。

当センターでは、「非行タイプ」をはじめ、不登校や非行のご相談の際に、ご相談対象の子どもさんを「対人緊張・対人恐怖症タイプ」「いじめを受けやすいタイプ」「ひきこもりタイプ」「心身症タイプ」など、その子の性格や持ち味などを分析して様々なタイプに分類した上で解決策を考えていきます。

そのうち「非行タイプ」は、「非行に走っている子たちと似たような性格をした子」という意味で使用します。「非行タイプ」の詳細は当センターのHPで説明していますし、無料の事前相談にお越しいただいた親御さんに細かく説明しています。

簡単に説明しますと「非行に走っている子は非行タイプ」ですが、「非行タイプの子」は必ずしも現段階では非行や不良に走っているとは限らないのです。しかし、その子への対応を間違えたり、周囲の環境によっては「非行・不良に走る可能性のある子」ということができます。それは、非行タイプの子の性格や持ち味がわかってくればご両親にも、十分に納得していただけると思います。

このような理由から、当センターではすでに非行に走っている子を改善(更生)に導くためのカウンセリングはもちろんのこと、「親や教師に対してどんどん反抗的になってきたし、このままでは非行に走ってしまうのでは?」「不良の子と付き合い始めたようで心配」という親御さんに対しても、適切なアドバイスをお出しします。当センターでは、解決しやすい非行タイプの子と解決しにくい非行タイプがございます。詳しくは事前相談の際に非行専門外来のカウンセラーにご相談下さい。

 

淀屋橋心理療法センター (https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

(非行の高校生)不登校中でもバイトは頑張る非行の子

高校生にもなってくるとアルバイトをしだす子が出てきます。特に非行傾向の子は友達づきあい(夜遊び・ゲームセンター・タバコ・バイクなど)にお金が必要なこともあり、他の子よりもアルバイトをする子の割合は高い気がします。もちろん、万引きや恐喝(カツアゲ)をしてお金や物を得るよりはよっぽどマシですが・・。

不思議なことに、非行傾向の子の中には不登校や不登校気味や「怠学」と言われている子であっても、アルバイトだけは休まずに行く子がいます。店長が厳しい人であったり仕事内容がきついアルバイトであってもです。もちろん、登校と同様にアルバイトも行ったり行かなかったり、時には無断で休む子もいます。同じ不登校で非行傾向なのに、なぜこんな違いがでるのでしょうか。

当センターには、高校生の非行であってもご本人が来所される場合もあります。そんな時はカウンセラーから非行の子に直接たずねたり、親御さんを通じてお聞きしていると、同じ不登校で非行であっても、その子によって「持ち味」が違うことがわかります。その一つが「律儀さ」です。カウンセラーの話し方次第では「素直な子」という印象も受けます。

自分がアルバイト先で必要とされていると感じたり、アルバイトの面接時に「休まずに頑張ります」と、店長さんといった他人と約束を交わしたりした場合、「自分が行かねば皆が困る」「店長との約束は守らねば」という気持ちから、登校よりも優先して頑張ろうとするのです。

もちろん、「再登校」についても同じことが言えます。非行傾向で不登校の子であっても、周囲がその子の持ち味をしっかり理解してやったり、持ち味が生かせるような環境であれば、再登校というプラスの行動も期待できるようになることがあるのです。もちろん「怠学・授業妨害・エスケープ」も防げます。

非行・不良の子が素直になる時

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・夜遊び=深夜徘徊・たむろ・万引き・ゲームセンターへの入り浸り・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が見つかりません。

親御さんがショックをうける極めつけは、学校から親が呼び出しを受けたり、停学処分になったり、万引きや暴力沙汰で警察に補導・検挙された時でしょうか。「ちゃんと育ててきたはずなのに、なんで非行に・・」。下げたくもない頭を下げまくり、教師や警察官の説教を聞かされる親御さんの憤り感は相当なものでしょう。

「せめて、これに懲りて少しでも反省してくれれば・・」と、わずかな期待をいだくものの、「うざい!」「だまれ!」と、非行の子からは全く反省の色がうかがえません。

非行タイプ(不良)の子は、悪い行為や見た目の悪さなど「悪い面」だけを捉えて反省をうながすと、たいてい反発したり反抗的な態度を示します。だからといって、親として容認するわけにはいきません。一筋縄ではいかない非行・不良の子。こんな子には親として一体どう接すれば良いのでしょう。

実は、非行タイプの子は誰に対しても反発しているわけではありません。例外的に素直な面をみせる人がいるのです。たとえば「友だちのお母さん」や特定の「教師」です。自分の親には反発するものの、友だちの親には素直な態度で接したり、きっちりと挨拶できる子もいます。中には、玄関で靴を脱ぎそろえて置く子もいるのです。

いったい親とは何が違うというのでしょうか。もちろん、「肉親・他人」の違いはありますが、意外と「子どもへの接し方」が違うことがあげられます。ちなみに、学校の教師の中で「なついている先生」と「なついていない先生」がいる場合、両者の子どもさんへの接し方の違いを比べてみて下さい。

非行の子(問題行動・不良)のチェックリスト

子どもの「非行」は親の対応で大きく変わる (非行のチェックリスト)

淀屋橋心理療法センターの不登校・非行・家庭内暴力専門外来ページも御覧下さい。左側の青色文字の部分をクリックすれば表示されます。

次のチェックリストは、日常生活の中で見つけやすいチェック・ポイントを集めております。(通常の医学的な診断基準とは異なります)

子どもの「非行」は親の対応で大きく変わる

 

まずは「A.」「B.」のチェックリストから、今の子どもさんにいくつ当てはまるかをチェックして下さい。

—————————————————————-

A.学校では・・

—————————————————————-

B.家庭では・・

 

では、A.B.につづいて、「C.」をチェックしてみて下さい。

—————————————————————-

C.意外とこんなところがありませんか?

子どもの「非行」は親の対応で大きく変わる。

‥‥いかがですか?いくら「腹が立つ」「憎たらしい」と思っていても、「でも、かわいい」「何とかしてやりたい」という気持ちも強いのではありませんか。そんな気持ちと<意外とこんなところが・・>がたくさんあれば大丈夫。当センターでは多くのご相談をお受けしてきた中で、明確な解決の道筋がわかっています。<親の対応で子どもの行動は変わる>のです。決して性格を変えるのではありません。うまくいけば子どもさんが来所しなくても解決に導くことができます。

当センターでは短期解決にも力を入れています。特に、<治療開始から二ヶ月間>が解決の重要ポイントです。この間を両親で支え合っていただき、根気強く・徹底して対応していただくことで、確かな手応えを感じていただけると思います。また、それまで培ってきたノウハウを継続することで、その後は通所しなくてもご家族だけでがんばっていただくことも可能です。事前相談にお越しいただければ、さらに細かなことをお話しします。

不登校・非行・家庭内暴力専門外来ページ(←淀屋橋心理療法センター・公式HP)もどうぞ

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一(精神科医 専門=家族療法)

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村