GW後の非行悪化は「五月病?」「怠け?」

5月になると、不登校の相談と同じく非行の相談の増えてきます。一つの要因はGW(ゴールデンウイーク)をはさんだことでしょう。

4月に入学して仲間ができてきたところにゴールデンウイーク到来!。非行傾向やさびしがり屋の子はすかさず友だちと遊ぶ約束をし、急に帰宅時間が遅くなる事があります。定番の遊び場はゲーセン(ゲームセンター)にカラオケ、それにラウンド・ワンに代表される複合施設。ボーリングやスポッチャではしゃいだり、今はキャンペーンのせいかずいぶんとあまりお金をかけずに長時間あそべるようです。また、今でも公園やコンビニで夜遅くまでだべってる(おしゃべりしている)のも定番の一つのようです。

4月はそれなりに緊張感があったものの、ゴールデンウイークで気がゆるんでしまうと、まじめに登校するのがだるくなりがちに。平気で遅刻したり、ちょこちょこ休みはじめたりと、5月になると非行傾向の子にも悪い変化が訪れます。

もちろん、五月に調子を乱すという意味では「五月病」に近いとも言えます。ただ、wikipediaなどによると、五月病は社会人や大学生などに使われることが多いようで、中学生や高校生はあまり対象とはされていないような感じです。そうなると、親御さんや教師の判断は「怠け」ということに・・。しかし、単に「怠け」の一言だけでは片付けられないところもあるのです。

非行のカウンセリングを長年担当していますと、非行傾向の子は意外とデリケートな子が多く、態度は悪いものの、内心では「居場所がないなー」「さびしいなー」と感じている子も多いのです。短い休み時間や昼休みだけでは、満足できるほど楽しめないのでしょう。それよりも、授業がわからなくて苦痛とか、態度が悪くて教師から注意をしょっちゅう受けるようになると、ますます学校から足が遠のいてしまいます。

こんな時に親御さんができることをアドバイスするのが当センターです。時には学校の先生に協力依頼をしていただくこともありますが、家庭での会話(学校でのグチや不満)などを聞いてやるだけでも、気分転換できる子もいます。ずるずるいって、夏休みにいっそう非行が悪化するのだけは避けたいものです。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村

 

4月の新学期。非行の子が不登校に!

非行や不良の入り口になりやすい(悪化しやすい)時期といえば「夏休み」が定番ですが、非行の子が不登校になりやすいのは「新学期」。しかも、中学校や高校への新入学ではなく、中学2年から3年へと進級するといった「学年の変わり目の時期」といえるでしょう。

ではなぜ4月や5月のこの時期に非行だった子が不登校になってしまうのでしょう。

前の学年で同じクラス内で非行や不良っぽい子同士が仲良くなりやすい、いわゆる「類は友を呼ぶ」現象はごく自然の流れで起きます。一人では目立ったことをしなかった非行・不良の子も、仲間ができると次第に授業態度が悪くなっていったり、授業をエスケープしたり、授業中に騒ぎだす子たちも出てくるように。担任や各科目の教科担当の先生も、厳しく叱ったり無視をしたり他の先生に監視に来てもらうなど、あの手この手を打ってもなかなか改善しないこともあります。

そんな時の苦肉の策が「学年の変わり目で不良っぽい生徒(ツルんでいる連中)をバラバラのクラスにする」なのでしょう。

もちろん、その方法が功を奏し、授業の妨げになっていた生徒がおとなしくなることもあるでしょう。しかし、当センターへの「非行+不登校」の子の相談内容をお聞きしていると、どうも学年の変わり目で仲の良かった子たちとクラスが別々になってから「(学校に)行きたくない・行かない」と言い出す子がとても多いのです。もちろん「行かない!」とは言わないものの、朝起きてこなかったり、昼から登校したり、家を出ても学校に行かなかったり。親や周囲からは「怠けている・さぼっている」ように動きが悪くなってしまう子も。

また、そんな子たちが不登校になったり、不登校になりかけの頃によく口にするのが「ぼっち」なのです。(ぼっち=ひとりぼっち)

学校に行っても面白くないから不登校に

子どもの非行問題が解決するどころか、さらに不登校にまでなってしまったご両親にとってはたまったものではありません。ただ、不幸中の幸いと表現するのは失礼かもしれませんが、当センターでは「非行+不登校」のご相談は少なくありません。家族(親)としてどんな対応が望ましいか、学校にはどんな協力を頼めば良いか(学校との連携の仕方)、再登校優先か・非行改善が優先か、などを不登校・非行専門のカウンセラーが子どもさんの傾向をしっかり分析したり、過去の事例を元に対応のアドバイスをお出しします。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

「単位制・通信制高校に入学する非行の子」V.S.「親の不安」

3月も後半になると、たいていの高校受験は終わります。中学校の卒業式も終え、4月から高校生!。本来ならば我が子の成長を手放しで喜びたいところです。ところが、子どもさんが非行傾向にある場合は話は別です。おまけに、私立高校や公立高校の受験に失敗したり、最初から「単位制・通信制の高校にしか行けない」と担任の先生から言われている子の場合は親としてなおさら心配でしょう。

「入学してもすぐ辞めてしまうんじゃないか」「毎日高校に通わないで良いみたいだし、夜遊びが増えるだろうなー」「うちの子と同じような非行や不良の子ばっかりだったらどうしよう」・・。確かに、非行傾向の子が単位制・通信制高校に行く例はよくあります。まさか、高校入学が「親の不安の種が増える」という結果になるとは・・。

「中学を卒業してから高校が始まるまで」。この期間は特に注意が必要です。開放感でいっぱいの非行の子にとって、今は何の縛りも無い、まさに「自由」なひととき。おまけに、子どもの非行が始まったり、非行傾向が悪化するのは「夏休み」と今の時期なのです。

以上のように、この時期は親子の関係がいっそう気まずくなる恐れの高い時期でもあります。一方、「この不安定な時期だけはなんとしても乗り切る!」という考えでカウンセリングに来られる親御さんは、早めに適切な手が打てる分、非行の悪化防止だけでなく以前よりも対話のできる親子関係が築きやすくなります。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

父親も母親も厳しいのに非行に!

「非行に走っている子」といえば、その原因は「親が甘やかしている」「親が放ったらかしにしているから」と思われている方が多いと思います。実際、カウンセリングに相談に来られる非行の子の友達の家庭によっては、そういった放任家庭があるのも事実のようです。

でも、淀屋橋心理療法センターに非行の相談にこられる親御さんは明らかに違います。「帰りが遅いと鍵をかけて締め出す」「いくら注意しても帰りが遅いときは警察に捜索願を出す」「毎日、顔を合わせると説教ばかりしている」「連絡しても出ないので携帯電話・スマホの契約を打ち切った」「お小遣いを無しにした」など、かなり厳しい対応をとられる親御さんも少なくありません。少なくとも、基本的には一般的な家庭よりは「もともと躾には厳しい」というご家庭の方が多い気がします。

それもそのはず、子どもの非行に悩んで当センターに来所されるだけでも、時間的・費用的な負担も少なくありません。東京や九州など、はるか遠方からわざわざ大阪までカウンセリングにこられる親御さんも多くの割合を閉めています。最近ではお仕事をされているご両親も多く、カウンセリングの日程調整が難しい場合、わざわざお休みや半休(半日休暇)をとって来られ、カウンセリングが終わるや否や、お仕事に向われる親御さんも少なくないのです。

「淀屋橋心理療法センターに非行の相談に来られる親御さんひと一倍、わが子の非行に悩み、なんとか解決したいという熱意の強い人」ということが言えると思います。

非行専門カウンセラーとしても、熱意(非行解決へのモチベーション)の強い親御さんほど、カウンセリングの成果も上がりやすいというのを実感しています。カウンセラーは、その熱意を大事にしつつ、その熱意をどのように非行の子に表現すれば良いか、的確なアドバイスに努めています。時には「厳しい対応を、少しこんな風に変えてみてください」「携帯電話・スマホの解約は最後の手段にしてください」「深夜遅くに帰宅した場合、咎めるだけでなくこんな対応の方が得策ですよー」「非行問題だけに目を奪われがちですが、日ごろからのムード作りも重視してください」など、親御さんができる最良の方法をアドバイスさせていただきます。特には「その対応では甘すぎるのでは・・」と疑問を持たれる親御さんもおられます。もちろん、どんな理由でその対応をお勧めするかも丁寧に説明させていただきます。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(in大阪)(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

新年は1月6日(月)から診療いたします。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

このブログを立ち上げてもうすぐ一年になります。

昨年の12月は「かけこみ事前相談」が急に増え、次々と予約をとっていただきました。

そのため、1月前半はすでに予約がほぼ一杯の状況です。ちなみに、土曜日はご希望の方が最も多く、予約上限ギリギリの二ヶ月先まで予約で一杯です。

1月は少ないですが空きがございますので、年末年始の「オール」や、深夜徘徊など、子どもさんの非行問題に手を焼かれた親御さん、新学期からの登校も休みがちであったり、いわゆる「重役登校」をされてい子が増える時期です。中学三年生や高校三年生ならば、進学の子との温度差(勉強へのモチベーションの差)が大きく開くことも。

ぜひ、非行傾向の子どもさんが「投げやり・自暴自棄」になる前にご相談下さい。やけを起こしてしまった子の扱いはとても骨が折れるのです。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【非行タイプ】と【不良】の違い

淀屋橋心理療法センターでは、通常の家族療法によるカウンセリングや、親御さんが初めて来所される「事前相談」の中で、【非行タイプ】という言葉(用語)をよく使います。

一般的には「非行少年=不良少年」という認識だと思いますが、私どもがカウンセリングする用語はあくまで「非行タイプ」なのです。ですから、「非行」タイプの子だからといって即ち「不良」とは違うのです。

当センターでは、「非行タイプ」をはじめ、不登校や非行のご相談の際に、ご相談対象の子どもさんを「対人緊張・対人恐怖症タイプ」「いじめを受けやすいタイプ」「ひきこもりタイプ」「心身症タイプ」など、その子の性格や持ち味などを分析して様々なタイプに分類した上で解決策を考えていきます。

そのうち「非行タイプ」は、「非行に走っている子たちと似たような性格をした子」という意味で使用します。「非行タイプ」の詳細は当センターのHPで説明していますし、無料の事前相談にお越しいただいた親御さんに細かく説明しています。

簡単に説明しますと「非行に走っている子は非行タイプ」ですが、「非行タイプの子」は必ずしも現段階では非行や不良に走っているとは限らないのです。しかし、その子への対応を間違えたり、周囲の環境によっては「非行・不良に走る可能性のある子」ということができます。それは、非行タイプの子の性格や持ち味がわかってくればご両親にも、十分に納得していただけると思います。

このような理由から、当センターではすでに非行に走っている子を改善(更生)に導くためのカウンセリングはもちろんのこと、「親や教師に対してどんどん反抗的になってきたし、このままでは非行に走ってしまうのでは?」「不良の子と付き合い始めたようで心配」という親御さんに対しても、適切なアドバイスをお出しします。当センターでは、解決しやすい非行タイプの子と解決しにくい非行タイプがございます。詳しくは事前相談の際に非行専門外来のカウンセラーにご相談下さい。

 

淀屋橋心理療法センター (https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

 

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

【非行のカウンセリング】 非行の子は意外と家族思い

今年の夏休みは例年以上に非行のカウンセリング相談が多かった一ヶ月でした。

特に「スマホ中毒」「ネット中毒」「パソコン中毒」「LINE中毒」など、多くの非行傾向の子をお持ちの親御さんに対する記事をアップしたからかもしれません。

いつも親の心配をヨソに夜遊びにふける子、不良の子ばかりとつるんでいる子、万引きや窃盗などで警察に目をつけられている子、ゲーセン(ゲーセン)に入り浸っている子など、非行の子は家庭に居つかず、家にいると思ったら常にスマホやケータイを片時も離さず、「家族のことはどうでもいいと思っている」と考えてらっしゃる親御さんも多いと思います。中には「親のことを嫌ってるんだろう」と、悲観的に考えてらっしゃる親御さんもいらっしゃることでしょう。

しかし、淀屋橋心理療法センターで非行専門外来として25年以上「非行の子」のカウンセリングを担当していますと、現実的には意外と親のことを「好き」という子の方が多いというのがわかります。実際に非行の子が「悪いことをするから親が叱る」という当たり前のことを繰り返しているうちに、非行の子自身が「自分は親に嫌われている・見放されている」と感じるようになるのかもしれません。

このマイナス(負)の連鎖は、非行の子からはなかなか変えられません。当センターに来所される親御さんに対してカウンセラーがアドバイスをお出ししているうちに効果があがってくる場合がほとんどです。世間の常識や、身近な人の意見をきくと「もっと厳しく叱らないとダメ」と言われることが多いようですが、非行改善の実績をあげやすいのは、「厳しくない対応」であり、どんどん親子の関係が良くなっていくような対応なのです。

当センターの非行カウンセリングをスタートされる前に「事前相談(無料相談)」を利用されるご家族も多いのですが、このような話をするだけで、とても意外な感じを受けられるようです。「どんな本を読んでも、どんな人に相談しても、非行に走る原因は親が甘いからだ」と言われているそうなのです。

実際、非行のカウンセリングを長年やっていますと、非行に走る子ほど、他に比べて「親が好き・家族が好き」という子が多く、中学生や高校生になっても家族旅行を楽しみにする子も意外と多くいます。また、親御さんが仕事で疲れたり、病気で寝込んだりすると「しんどいなら寝とけやー」とか、「晩御飯は弁当買えばいいやん」など、完璧とはいえないまでも親のことを思っての発言を口にする子は多いのです。

どうか、世間の常識や、他人の意見に振り回されすぎず、非行には走っているがこの子は親のことを嫌っているのか、それとも好きなのか、一度、客観的な目にみてあげて下さい。

 

淀屋橋心理療法センター(大阪府豊中市・緑地公園駅)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

夏休みの非行のピンチを親の対応で悪化防止|非行のカウンセリング治療。不良・非行のカウンセリングの専門外来

 非行の子を持つご両親にとって、夏休みは最大のピンチ(不安・心配)ですね。淀屋橋心理療法センターでも、7月・8月・9月は非行の子のカウンセリングのご相談が急増します。

淀屋橋心理療法センターは今年で設立30周年を迎えました。もちろん、非行をはじめ、不登校のカウンセリング治療は設立当初から、相談件数が多く、その分、治療経験を積むことができました。今では「非行・不登校専門外来」ができるほど、当センターにとって、「非行」のご相談は得意分野の一つになっています。

しかし、淀屋橋心理療法センターでは、「どんな非行の子」の問題でも解決できるとはいえません。これまでの経験から、非行問題が解決しやすいのは「非行に走り始めた初期段階からカウンセリングをスタート」される親御さんや、「悪いことをしているけど、子どもが可愛い。何とかして非行から脱出させてやりたい」と強く願っておられる親御さんからのご相談です。

当センターのカウンセリングは万能ではありません。何より、当センターでは非行カウンセリングの主役は親御さんなのです。主役の親御さんのモチベーションがしっかりしていれば、私どもの非行のカウンセリング治療のノウハウも有効利用でき、非行の短期解決も可能性も高まります。

非行の子は学校では、「学校では『怠け者』『校則違反の常習犯』『教師に対して反抗的』というタイプの子もおられますが、親御さんの対応でなんとかなることも多いのです。できれば、担任の先生や生徒指導の先生の協力が得られれば何よりです。

家でも非行の子は「『帰ってきたらゲームセンターに入り浸り』『深夜徘徊がひどい』『警察に補導されたことがある』『万引きで親が呼び出され、頭を下げたことがある』・・といった状況でも同じです。

このような危機(子どものピンチ)をカウンセリングによって親の力でなんとか解決してやりたいというお気持ちが何より大事なのです。反対に「若い頃の非行や不良は当たり前。大人になれば落ち着くだろう」とお考えの非行問題に対して楽観的な親御さんや、「何を言ってもダメだから、もう何も言わない方がいいかも」といった非行問題に対して受け身な親御さんの場合は、淀屋橋心理療法センターの非行専門外来のいえども、カウンセリングの効果がのぞめない可能性があります。

子どもの非行問題解決は、親の熱意(モチベーション)と、非行が始まってからの早期対応(先手をうつ=カウンセリングを早めにスタート)というのが非行問題解決の重要テーマといえます。

 

淀屋橋心理療法センター・トップページ

淀屋橋心理療法センター・非行専門外来

→非行の事例だけでなく、非行チェックリスト、教師むけの非行チェックリスト、無料の事前相談のご案内も掲載しています。ぜひご覧下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

(非行の高校生)不登校中でもバイトは頑張る非行の子

高校生にもなってくるとアルバイトをしだす子が出てきます。特に非行傾向の子は友達づきあい(夜遊び・ゲームセンター・タバコ・バイクなど)にお金が必要なこともあり、他の子よりもアルバイトをする子の割合は高い気がします。もちろん、万引きや恐喝(カツアゲ)をしてお金や物を得るよりはよっぽどマシですが・・。

不思議なことに、非行傾向の子の中には不登校や不登校気味や「怠学」と言われている子であっても、アルバイトだけは休まずに行く子がいます。店長が厳しい人であったり仕事内容がきついアルバイトであってもです。もちろん、登校と同様にアルバイトも行ったり行かなかったり、時には無断で休む子もいます。同じ不登校で非行傾向なのに、なぜこんな違いがでるのでしょうか。

当センターには、高校生の非行であってもご本人が来所される場合もあります。そんな時はカウンセラーから非行の子に直接たずねたり、親御さんを通じてお聞きしていると、同じ不登校で非行であっても、その子によって「持ち味」が違うことがわかります。その一つが「律儀さ」です。カウンセラーの話し方次第では「素直な子」という印象も受けます。

自分がアルバイト先で必要とされていると感じたり、アルバイトの面接時に「休まずに頑張ります」と、店長さんといった他人と約束を交わしたりした場合、「自分が行かねば皆が困る」「店長との約束は守らねば」という気持ちから、登校よりも優先して頑張ろうとするのです。

もちろん、「再登校」についても同じことが言えます。非行傾向で不登校の子であっても、周囲がその子の持ち味をしっかり理解してやったり、持ち味が生かせるような環境であれば、再登校というプラスの行動も期待できるようになることがあるのです。もちろん「怠学・授業妨害・エスケープ」も防げます。