【非行】大阪・高槻市・中学生殺人事件はなぜ起こったか 心理カウンセラーの視点から

ここ大阪でも、とうとう中学生の殺人事件が起こってしまいました。詳細については、さらに詳しい情報が報道された上でコメントしたいと思います。

中学生になると、いわゆる「非行・不良」という子だけでなく、「家庭での居心地が悪い」「親子の関係がうまくいってない」「友だちと一緒にいないと不安でたまらない」という子が増えてきます。万引きやケンカといった行動までは起こさないものの、夜になるとふら~っと家から出て行ってしまう子、それに誘われたら気軽に(断れずに)つきあってくれる子も増えます。つまり、非行傾向の子は単独行動はほとんどせず、必ず二人以上で行動するというのも一つの特徴でしょう。もし、一人でいるところを見かけた場合は「友だち探し」をしているのかも・・。

そんな子たちは家の居心地が悪いとか、さびしいなどの理由で外出(家出)するため、特にこれといった目的なしに行動する傾向があります。もちろん、「あそこに行けば○○がいる」という「アテ」があればそこに向うことも。それぐらい・彼ら・彼女らは寂しさを紛らわせる(=楽しくすごしたい)ということを第一に行動しているような気がします。

しかも、彼ら・彼女らは常に「遊んでくれる子・相手をしてくれる子」を欲しています。場合によっては、見知らぬ人でも、気軽に・フレンドリーに接してきたら、その誘いにのってしまうかも・・。

もちろん、これが今回の殺人事件の真相かどうかはわかりません。詳しくわかり次第、修正・加筆したいと思います。

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

非行の子の男女交際・異性関係=別れても「友だち」

非行の子をもつ親御さんにとって、異性との付き合いはとても気を揉みます。この彼氏・彼女の関係は、昔に比べて大きく変わってきているところがあるようです。

一昔前ならば、つきあっていた彼氏・彼女と別れれば、どちらからも連絡をとらなくなって次第に疎遠な関係になるのが普通でした。しかし、今どきの中学生や高校生の男女交際は違うのです。「確か彼氏と別れたはずなのに、今でも時どき会ってるみたい」。親としては首をひねってしまうのですが、どうやら「彼氏・彼女」の関係でなくなれば「友だち」の関係に戻るようなのです。一度他の子とつき合った後でまた前の彼氏・彼女とヨリを戻すという話もよく耳にします。

この現象は見方によれば「非行の子らしい」と言えるでしょう。非行や不良と呼ばれる彼らや彼女らは、とってもさびしがり屋。友だちが増えるのは大歓迎、でも減るのはとっても不安なんです。一緒に遊んだり話せる(ダベれる)子が多ければ多いほど楽しく安心なのです。

スマホやケータイを手放さないのも「常に誰かとつながっていたい」という心理が働くからです。不登校やひきこもりの子のようにスマホでゲームや動画三昧(ネット中毒)というのではなく、非行の子たちのスマホの使用目的は「LINE」や「通話」がほとんどのようです。

 

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村