入学早々の合宿でさっそく非行仲間が!

高校になると、特に私立の場合、入学してまもなく「宿泊合宿」のある高校が多いようです。 学力の高い進学校ならば「勉強合宿」、そうでなければ「オリエンテーション合宿」と、合宿と言えども学校によって内容や中身はまちまちです。 特に、非行の子が高校に進学した場合、しかも、その高校が学力レベルが低く、進学校でもない場合は注意が必要です。合宿から帰ってきたとたん「友だちできたー!」と嬉しそうに報告してくれるのは嬉しいのですが、相手がどうやら非行っぽい子の場合が・・。 「高校入学早々に非行仲間ができるとは・・」。親の悩みは入学してすぐにはじまります。 一方、わずかな望みもあります。合宿で同じ班にならなかっただけで、非行でない子との付き合いのチャンスもまだまだ残っています。早めに担任教師に相談し、注目していただくとともに、親御さんはクラスの他の子の情報についても子どもさんと話し合えるようにしておいて下さい。 入学早々は、誰もが不安で一日でも早く友だちを作りたいものです。とりわけ非行の子は一刻も早く友だちを欲しがります。ただ、その子とこれからもずっと付き合いつづけるとは限りません。すでにできた友達を否定せず、他の子との接点を期待しましょう。もちろん担任教師の協力があった方が安心です。場合によってはこれまでの非行問題を先生に打ち明ける必要もあるかもしれません。 担任の先生の協力があれば、クラスの班替えや委員や係り決めの際にも配慮してもらえるかもしれません。そんな中で新たな子との関わりが見えてきたらチャンスです。 このような根回しはできれば四月中、遅くとも五月のうちには手をうっていただきたいものです。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村

4月の新学期。非行の子が不登校に!

非行や不良の入り口になりやすい(悪化しやすい)時期といえば「夏休み」が定番ですが、非行の子が不登校になりやすいのは「新学期」。しかも、中学校や高校への新入学ではなく、中学2年から3年へと進級するといった「学年の変わり目の時期」といえるでしょう。

ではなぜ4月や5月のこの時期に非行だった子が不登校になってしまうのでしょう。

前の学年で同じクラス内で非行や不良っぽい子同士が仲良くなりやすい、いわゆる「類は友を呼ぶ」現象はごく自然の流れで起きます。一人では目立ったことをしなかった非行・不良の子も、仲間ができると次第に授業態度が悪くなっていったり、授業をエスケープしたり、授業中に騒ぎだす子たちも出てくるように。担任や各科目の教科担当の先生も、厳しく叱ったり無視をしたり他の先生に監視に来てもらうなど、あの手この手を打ってもなかなか改善しないこともあります。

そんな時の苦肉の策が「学年の変わり目で不良っぽい生徒(ツルんでいる連中)をバラバラのクラスにする」なのでしょう。

もちろん、その方法が功を奏し、授業の妨げになっていた生徒がおとなしくなることもあるでしょう。しかし、当センターへの「非行+不登校」の子の相談内容をお聞きしていると、どうも学年の変わり目で仲の良かった子たちとクラスが別々になってから「(学校に)行きたくない・行かない」と言い出す子がとても多いのです。もちろん「行かない!」とは言わないものの、朝起きてこなかったり、昼から登校したり、家を出ても学校に行かなかったり。親や周囲からは「怠けている・さぼっている」ように動きが悪くなってしまう子も。

また、そんな子たちが不登校になったり、不登校になりかけの頃によく口にするのが「ぼっち」なのです。(ぼっち=ひとりぼっち)

学校に行っても面白くないから不登校に

子どもの非行問題が解決するどころか、さらに不登校にまでなってしまったご両親にとってはたまったものではありません。ただ、不幸中の幸いと表現するのは失礼かもしれませんが、当センターでは「非行+不登校」のご相談は少なくありません。家族(親)としてどんな対応が望ましいか、学校にはどんな協力を頼めば良いか(学校との連携の仕方)、再登校優先か・非行改善が優先か、などを不登校・非行専門のカウンセラーが子どもさんの傾向をしっかり分析したり、過去の事例を元に対応のアドバイスをお出しします。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

新年は1月6日(月)から診療いたします。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

このブログを立ち上げてもうすぐ一年になります。

昨年の12月は「かけこみ事前相談」が急に増え、次々と予約をとっていただきました。

そのため、1月前半はすでに予約がほぼ一杯の状況です。ちなみに、土曜日はご希望の方が最も多く、予約上限ギリギリの二ヶ月先まで予約で一杯です。

1月は少ないですが空きがございますので、年末年始の「オール」や、深夜徘徊など、子どもさんの非行問題に手を焼かれた親御さん、新学期からの登校も休みがちであったり、いわゆる「重役登校」をされてい子が増える時期です。中学三年生や高校三年生ならば、進学の子との温度差(勉強へのモチベーションの差)が大きく開くことも。

ぜひ、非行傾向の子どもさんが「投げやり・自暴自棄」になる前にご相談下さい。やけを起こしてしまった子の扱いはとても骨が折れるのです。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【非行のカウンセリング】 茶髪のまま新学期に登校しようとする子

夏休みが終わり、学校によっては始業式はまちまちですが、新学期を迎える時期になりました。この時期に非行の子のことで親や教師を悩ませるのが「茶髪・金髪」や「ピアス」などの校則違反でしょう。

「夏休みだけ茶髪・金髪にさせてー。新学期には黒に戻すから」という約束もなんのその。せっかく染めた髪を黒染めする時にかなりの抵抗を示す子が多いようです。

「その髪じゃ学校に入れてもらえないよ」と「美容室予約したから髪を黒に戻しておいで!」と口をすっぱくして親が言っても、非行の子はなかなか聞き入れません。カウンセリングに来られている親御さんも新学期を迎えるにあたっての一番の心配は「宿題を終わらせる・ちゃんと朝起きて登校する」以外に、「校則違反のまま登校するのでは・・・」という心配が一番多いような気がします。校門でのチェックや、新学期早々の風紀チェックがあるのがわかっているのに、あえて黒染めをしない子。ここにも意外な非行の子の心理が働いているようです。

一つは「何か一つ自分らしさをアピールしたい」という子。それが茶髪・金髪やピアス。まるでその子のポリシーのように親がいくら注意してもいうことを聞きません。

もちろん、こんな子にもカウンセリングでは対応の工夫をして、校則違反を正す対応を考えます。頭ごなしに注意してもダメ・校則違反を引き合いに出しても聞く耳をもたない子。

非行の子にはそんな意思の強い・聞き分けの悪い子が多いのです。非行のカウンセリングでは親の対応の工夫の他、担任の先生に事前に相談をしたり、最初は別室登校からスタートさせるなどを方法などを試し、次第に黒染めにして教室に登校させる方法を考えます。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村