【非行】大阪・高槻市・中学生殺人事件はなぜ起こったか 心理カウンセラーの視点から

ここ大阪でも、とうとう中学生の殺人事件が起こってしまいました。詳細については、さらに詳しい情報が報道された上でコメントしたいと思います。

中学生になると、いわゆる「非行・不良」という子だけでなく、「家庭での居心地が悪い」「親子の関係がうまくいってない」「友だちと一緒にいないと不安でたまらない」という子が増えてきます。万引きやケンカといった行動までは起こさないものの、夜になるとふら~っと家から出て行ってしまう子、それに誘われたら気軽に(断れずに)つきあってくれる子も増えます。つまり、非行傾向の子は単独行動はほとんどせず、必ず二人以上で行動するというのも一つの特徴でしょう。もし、一人でいるところを見かけた場合は「友だち探し」をしているのかも・・。

そんな子たちは家の居心地が悪いとか、さびしいなどの理由で外出(家出)するため、特にこれといった目的なしに行動する傾向があります。もちろん、「あそこに行けば○○がいる」という「アテ」があればそこに向うことも。それぐらい・彼ら・彼女らは寂しさを紛らわせる(=楽しくすごしたい)ということを第一に行動しているような気がします。

しかも、彼ら・彼女らは常に「遊んでくれる子・相手をしてくれる子」を欲しています。場合によっては、見知らぬ人でも、気軽に・フレンドリーに接してきたら、その誘いにのってしまうかも・・。

もちろん、これが今回の殺人事件の真相かどうかはわかりません。詳しくわかり次第、修正・加筆したいと思います。

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

【非行】中1の子の殺害事件。その背景にある人間関係は?

この事件を「非行問題」と呼んで良いのかどうか、このところ「中1男子」の子が殺害された事件が毎日のように報道されています。本日のニュースでは「少年グループに事情聴取」。実に20人ぐらいの中学生や高校生との接点があったと。テレビでインタビューを受けた少年は(年上の少年たちは)「接しやすい人」と肯定的なコメントを。でも、殺害方法は頚動脈をきられている・・・。「いったいどんな連中が・・」。司会者の言葉が頭に残ります。少年たちが事情聴取中とのこと、いつになると事実がわかるのでしょうか。

「万引きや不登校を強要され、断ると・・」など、友人に語っていた。

「担任が電話で話をした。電話は10回以上」

その後、担任は母親とも話をしている。

「パン食べる?・・」これが最後の親子の会話。

不登校や非行のカウンセリングを担当している私にとって、「万引き」「不登校」というコメントを耳にすると、どうしても意識してしまいます。

淀屋橋心理療法センターがお手伝いしている「非行」の子の中には、「万引き」をする子は確かにいます。しかし、殺人事件は今のところ耳にしたことがありません。

これから取り調べ・報道が進む中で事実や真相がわかってくると思いますが、加害者の少年たちは元より、被害者の子の置かれた事情が何より気になります。イヤイヤながらも断りきれず加害者の子たちとつき合わざるを得なかったのか、「超さびしがり屋で、とにかく友だち=居場所」が欲しい子だったのか。今後の報道に注目したいと思います。

 

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/) ←クリック!

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

【非行】私立高校に専願で決まってから登校しにくくなる子

2月10日は京阪神の私立高校の入学試験日。奈良県や滋賀県などは、一足早く試験が行われたようで、この時期(2月中旬)になると、たいていの「私立専願の中学三年生」は受験が終わっています。ある親御さんにお聞きすると、その子どもさんのクラスの半分ぐらいが私立専願だとか・・。現時点では「私立高校無償化」の恩恵もあり、私立の方が合格が早く決まるだけでなく、施設面・待遇面などで公立よりは私立を考える子が多くなってきている気がします。

この「私立高校無償化」はいつまで続くのかは知りませんが、それまでは私立人気はまだまだ衰えないかも・・。何より、受験生にとっては「授業料」というよりは「早く高校を決めたい」という子も多いというのは否定できない事実でしょう。

しかし、私立専願が決まった子の中には、その後は中学校に通いづらくなったり、中学での居心地が悪くなることがあるのはご存知でしょうか。実は、中学には「公立高校」を第一志望にしている子もたくさんいるのです。そんな子にとっては、一日ごとに受験が近づくという意味で、日に日に焦りや不安が増していると言えるでしょうか。

「早々と高校が決まってお気楽な非行タイプの子」vs「これから本番を迎えるにあたり、毎日が必死の受験生」。当然のことながら両者の間には、気持ちの面での「温度差」が生じます。うわさですが、非行傾向の子で私立が決まった子は、担任の先生からの「学校にくるな」と言われたり、受験生中心の空気に負け、休みがちになっている子がいるという話をお聞きします。

これから公立高校を受験する子をしっかりフォローするのも担任の先生の役割ですが、非行で私立が決まった子もクラスの一員には変わりありません。ここで登校しにくいムードをつくってしまうと、担任不振・教師不振を招いてしまったり、不登校に慣れてしまうということも。ここは担任の先生のリーダーシップ(手腕)が問われるところでしょう。

淀屋橋心理療法センター (←クリック! 当センターのホームページも是非ご覧下さい)

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

 

【高校生の非行】喫煙や万引き等で留年・退学が決まったらどうする?

せっかく高校に入学し一学期はなんとか頑張っていたのに「夏休み」を境にグレだし、二学期からは悲惨な状態に・・・。校内での喫煙が見つかったり、校則違反を繰り返したり、ついには万引きが学校にバレてしまって、留年決定。

このような子たちは学校からは「問題児」として扱われることでしょう。しょっちゅう親御さんが学校に呼び出されては注意を受け、非行状態の子どもにいくら注意・説教しても聞き耳を持たない・・。このような感じで10月や11月に留年決定が言い渡され、12月に入って非行・不登校のカウンセリングに来られる親御さんが少なくありません。

とにかく扱いにくい子。こんな子はどうしたら「更正」するのか。親御さんから「更正」のお言葉をお聞きする度に耳が痛くなります。実は、非行から留年が決まる子の中には、根っからの不良少年というよりは、途中から道を脱線し、非行の方向に走らざるを得なくなってしまう子もたくさんいるのです。高校生活がうまくいかなくなり、ついには「開き直り・居直り・現実逃避」といっても過言ではないでしょう。

非行のカウンセリングでは、こんな子を何とかしてやりたい・高校に戻したい・常識をわかってほしい、と切に願っておられる親御さんの駈け込み寺的な存在になっています。しかし、カウンセリングを進めるに当たっては、親御さんのこの「何とかしてやりたい」という動機づけ・モチベーションを第一に尊重します。それぐらい、非行の子の解決率は親御さんの解決への動機づけが強いかどうかに左右されるからです。そのような親御さんであれば、どうぞ淀屋橋心理療法センターの非行問題専門外来にご相談ください。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村

4月の新学期。非行の子が不登校に!

非行や不良の入り口になりやすい(悪化しやすい)時期といえば「夏休み」が定番ですが、非行の子が不登校になりやすいのは「新学期」。しかも、中学校や高校への新入学ではなく、中学2年から3年へと進級するといった「学年の変わり目の時期」といえるでしょう。

ではなぜ4月や5月のこの時期に非行だった子が不登校になってしまうのでしょう。

前の学年で同じクラス内で非行や不良っぽい子同士が仲良くなりやすい、いわゆる「類は友を呼ぶ」現象はごく自然の流れで起きます。一人では目立ったことをしなかった非行・不良の子も、仲間ができると次第に授業態度が悪くなっていったり、授業をエスケープしたり、授業中に騒ぎだす子たちも出てくるように。担任や各科目の教科担当の先生も、厳しく叱ったり無視をしたり他の先生に監視に来てもらうなど、あの手この手を打ってもなかなか改善しないこともあります。

そんな時の苦肉の策が「学年の変わり目で不良っぽい生徒(ツルんでいる連中)をバラバラのクラスにする」なのでしょう。

もちろん、その方法が功を奏し、授業の妨げになっていた生徒がおとなしくなることもあるでしょう。しかし、当センターへの「非行+不登校」の子の相談内容をお聞きしていると、どうも学年の変わり目で仲の良かった子たちとクラスが別々になってから「(学校に)行きたくない・行かない」と言い出す子がとても多いのです。もちろん「行かない!」とは言わないものの、朝起きてこなかったり、昼から登校したり、家を出ても学校に行かなかったり。親や周囲からは「怠けている・さぼっている」ように動きが悪くなってしまう子も。

また、そんな子たちが不登校になったり、不登校になりかけの頃によく口にするのが「ぼっち」なのです。(ぼっち=ひとりぼっち)

学校に行っても面白くないから不登校に

子どもの非行問題が解決するどころか、さらに不登校にまでなってしまったご両親にとってはたまったものではありません。ただ、不幸中の幸いと表現するのは失礼かもしれませんが、当センターでは「非行+不登校」のご相談は少なくありません。家族(親)としてどんな対応が望ましいか、学校にはどんな協力を頼めば良いか(学校との連携の仕方)、再登校優先か・非行改善が優先か、などを不登校・非行専門のカウンセラーが子どもさんの傾向をしっかり分析したり、過去の事例を元に対応のアドバイスをお出しします。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

「単位制・通信制高校に入学する非行の子」V.S.「親の不安」

3月も後半になると、たいていの高校受験は終わります。中学校の卒業式も終え、4月から高校生!。本来ならば我が子の成長を手放しで喜びたいところです。ところが、子どもさんが非行傾向にある場合は話は別です。おまけに、私立高校や公立高校の受験に失敗したり、最初から「単位制・通信制の高校にしか行けない」と担任の先生から言われている子の場合は親としてなおさら心配でしょう。

「入学してもすぐ辞めてしまうんじゃないか」「毎日高校に通わないで良いみたいだし、夜遊びが増えるだろうなー」「うちの子と同じような非行や不良の子ばっかりだったらどうしよう」・・。確かに、非行傾向の子が単位制・通信制高校に行く例はよくあります。まさか、高校入学が「親の不安の種が増える」という結果になるとは・・。

「中学を卒業してから高校が始まるまで」。この期間は特に注意が必要です。開放感でいっぱいの非行の子にとって、今は何の縛りも無い、まさに「自由」なひととき。おまけに、子どもの非行が始まったり、非行傾向が悪化するのは「夏休み」と今の時期なのです。

以上のように、この時期は親子の関係がいっそう気まずくなる恐れの高い時期でもあります。一方、「この不安定な時期だけはなんとしても乗り切る!」という考えでカウンセリングに来られる親御さんは、早めに適切な手が打てる分、非行の悪化防止だけでなく以前よりも対話のできる親子関係が築きやすくなります。

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

非行の子の男女交際・異性関係=別れても「友だち」

非行の子をもつ親御さんにとって、異性との付き合いはとても気を揉みます。この彼氏・彼女の関係は、昔に比べて大きく変わってきているところがあるようです。

一昔前ならば、つきあっていた彼氏・彼女と別れれば、どちらからも連絡をとらなくなって次第に疎遠な関係になるのが普通でした。しかし、今どきの中学生や高校生の男女交際は違うのです。「確か彼氏と別れたはずなのに、今でも時どき会ってるみたい」。親としては首をひねってしまうのですが、どうやら「彼氏・彼女」の関係でなくなれば「友だち」の関係に戻るようなのです。一度他の子とつき合った後でまた前の彼氏・彼女とヨリを戻すという話もよく耳にします。

この現象は見方によれば「非行の子らしい」と言えるでしょう。非行や不良と呼ばれる彼らや彼女らは、とってもさびしがり屋。友だちが増えるのは大歓迎、でも減るのはとっても不安なんです。一緒に遊んだり話せる(ダベれる)子が多ければ多いほど楽しく安心なのです。

スマホやケータイを手放さないのも「常に誰かとつながっていたい」という心理が働くからです。不登校やひきこもりの子のようにスマホでゲームや動画三昧(ネット中毒)というのではなく、非行の子たちのスマホの使用目的は「LINE」や「通話」がほとんどのようです。

 

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

(非行の高校生)不登校中でもバイトは頑張る非行の子

高校生にもなってくるとアルバイトをしだす子が出てきます。特に非行傾向の子は友達づきあい(夜遊び・ゲームセンター・タバコ・バイクなど)にお金が必要なこともあり、他の子よりもアルバイトをする子の割合は高い気がします。もちろん、万引きや恐喝(カツアゲ)をしてお金や物を得るよりはよっぽどマシですが・・。

不思議なことに、非行傾向の子の中には不登校や不登校気味や「怠学」と言われている子であっても、アルバイトだけは休まずに行く子がいます。店長が厳しい人であったり仕事内容がきついアルバイトであってもです。もちろん、登校と同様にアルバイトも行ったり行かなかったり、時には無断で休む子もいます。同じ不登校で非行傾向なのに、なぜこんな違いがでるのでしょうか。

当センターには、高校生の非行であってもご本人が来所される場合もあります。そんな時はカウンセラーから非行の子に直接たずねたり、親御さんを通じてお聞きしていると、同じ不登校で非行であっても、その子によって「持ち味」が違うことがわかります。その一つが「律儀さ」です。カウンセラーの話し方次第では「素直な子」という印象も受けます。

自分がアルバイト先で必要とされていると感じたり、アルバイトの面接時に「休まずに頑張ります」と、店長さんといった他人と約束を交わしたりした場合、「自分が行かねば皆が困る」「店長との約束は守らねば」という気持ちから、登校よりも優先して頑張ろうとするのです。

もちろん、「再登校」についても同じことが言えます。非行傾向で不登校の子であっても、周囲がその子の持ち味をしっかり理解してやったり、持ち味が生かせるような環境であれば、再登校というプラスの行動も期待できるようになることがあるのです。もちろん「怠学・授業妨害・エスケープ」も防げます。

非行・不良の子が素直になる時

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・夜遊び=深夜徘徊・たむろ・万引き・ゲームセンターへの入り浸り・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が見つかりません。

親御さんがショックをうける極めつけは、学校から親が呼び出しを受けたり、停学処分になったり、万引きや暴力沙汰で警察に補導・検挙された時でしょうか。「ちゃんと育ててきたはずなのに、なんで非行に・・」。下げたくもない頭を下げまくり、教師や警察官の説教を聞かされる親御さんの憤り感は相当なものでしょう。

「せめて、これに懲りて少しでも反省してくれれば・・」と、わずかな期待をいだくものの、「うざい!」「だまれ!」と、非行の子からは全く反省の色がうかがえません。

非行タイプ(不良)の子は、悪い行為や見た目の悪さなど「悪い面」だけを捉えて反省をうながすと、たいてい反発したり反抗的な態度を示します。だからといって、親として容認するわけにはいきません。一筋縄ではいかない非行・不良の子。こんな子には親として一体どう接すれば良いのでしょう。

実は、非行タイプの子は誰に対しても反発しているわけではありません。例外的に素直な面をみせる人がいるのです。たとえば「友だちのお母さん」や特定の「教師」です。自分の親には反発するものの、友だちの親には素直な態度で接したり、きっちりと挨拶できる子もいます。中には、玄関で靴を脱ぎそろえて置く子もいるのです。

いったい親とは何が違うというのでしょうか。もちろん、「肉親・他人」の違いはありますが、意外と「子どもへの接し方」が違うことがあげられます。ちなみに、学校の教師の中で「なついている先生」と「なついていない先生」がいる場合、両者の子どもさんへの接し方の違いを比べてみて下さい。

非行っぽい子の意外な一面

「非行」は「怠け」?

学校はちょくちょく休むし、登校しても遅刻に早退は当たり前。まじめに勉強する気もないみたい。おまけに茶髪・ピアスに服装違反。きびしく注意しても効き目なし。親の注意もなんのその。いつも帰りは午前様。いったいこの子は何を考えてるんだ!!!。

このように、不登校の子の中でも非行傾向の子は家に閉じこもっているばかりではありません。学校でも、先生から注意をうけても懲りずに悪いことを繰り返します。特に困るのは「親のしつけが悪い」「親が甘やかしている」と、子どもの非行や素行の悪さを親のせいにされることです。事実、「厳しくしてきたのに・・・」という親御さんが大半なのです。では、やはり非行は子どもだけが悪いのでしょうか・・。

もちろん、学校や家庭で厳しくしても懲りないことから「非行=子どもが悪い」と判断なさるのはごもっともです。でも、これはあくまで仮の姿。ちょっと対応を変えてみると意外な面がでてきます。

その一例をご紹介しましょう。

非行の子の「強がり」は仮の姿。実はとっても「さびしがり屋」なんです

強い口調で注意すると反発ばかり。逆に、気軽な雰囲気で接してみると思いのほか気さくな面を見せることがあります。こんな子ほど相手にどう思われているかをすごく気にしています。おまけにさびしがり屋ですから、学校に居場所がないと感じるととっても行きづらくなります。気軽に話せる先生や友だちが学校にいる。これが何よりの登校動機なのです。家庭でも同様です。家庭という場に居心地の良さを感じたり、気軽に話せる親子関係ができるとガラッと変わる子が多いのです。

見た目は「派手」。でも、非行の子の内面はとっても「デリケート」なんです

オシャレや夜遊びにかける情熱を少しでも勉強にそそいでくれれば・・。ところが、見た目とはウラハラに勉強の遅れを気にしている子がけっこう多いのです。「進むペースが早くて追いつけなくなった」「先生の説明がわからない」「成績が悪いとコンプレックスを感じて居心地が悪い」。子どもさんの口が軽くなってくると意外とこんな言葉がでてくるかも。また、いろんなことを気にするタイプですから「話の合う子がいない」「卒業したあとどうなるかわからない」と、対人関係や自分の将来など、何か心配ごとがあって勉強の方まで気がまわらないのかもしれません。

今は非行でも、昔は「手のかからない」「良い子」だったんです

カウンセリングにこられたほとんどのご両親が口をそろえてこう言います。それは、幼いころからまわりの顔色ばかりうかがいながら行動してきたからです。「今日のお母さん機嫌悪そうだな」「勉強がわからないって言ったら怒られるだろうな」など、先に頭で考えてなかなか口にだせないのです。そんな子が調子をくずすのは中学生の頃が多いようです。ちょうど勉強や友だちづきあいを気にしたり、むずかしくなってくるころですからね。

非行仲間の前では「明るくて人気者」。実は「気をつかってる」んです

「だまっていると嫌われるんじゃないか」「誘いをことわると陰で悪口を言われるんじゃないか」「ニコニコしてないと雰囲気をこわしてしまうんじゃないか」・・。見た目には明るくても内心こんなことを考えて友だちと接している場合が多いのです。つねに「相手中心」「雰囲気重視」。人づきあいはとっても疲れるのです。だまっていても大丈夫、暗い話題でも気にせず話せる。こんな相手が一番リラックスできるのです。

非行の子は意外と「プライド」が高く、強がりばかりで「弱音」をはいたことがない。だから、苦手なことや怖いことは避けたいんです

「イヤなことからいつも逃げている」「苦手なことでも努力しようとしない」「調子のいいことばかり言ってぜんぜん実行しない」。意外と高い理想をもっているものの、自信がないとすぐにあきらめてしまいます。ここは周囲の大人の出番です。不安が言えたり弱音がはける環境をつくってあげるだけで、行動力(意欲)がでてきます。ちょうど水泳の息つぎのようにちょっとがんばっては弱音をはく。こうすることで継続力もついてきます。

<親御さんのタイプ>「まじめ」で「正義感」の強いご両親が多いのです

まじめで正義感が強いだけでなく、子どものことが心配で寝付きが悪くなったり、食事がのどを通らない方もおられます。それほど子どもさんの脱線が家族にとって一大事なのです。帰りが遅いと良からぬことばかり考えてしまい、心配が度をこして怒りに変わることも。ですから、子どもの行動が悪いからといって親を責めてしまうと家庭内の悪循環をまねいてしまい、ますます悪い方向にいってしまうことがあります。

非行っぽい子の意外な素顔

・・・ いかがですか。私どものセンターにもこのような子どもさんの相談が多数よせられています。そして、どの親御さんも一日も早く解決したいという動機づけが強く、取りくみも非常に熱心です。一方の子どもさんも周囲の対応次第で変化しやすく、解決までのプロセスがはっきりしています。学校にも家庭にも自分のことをわかってくれる人がいて弱音がはきやすい。これが何よりの安心材料であり、再登校(安定登校)にこぎつける最短ルートなのです。