川崎市・中1男子殺害事件・不良グループの付き合いがあった?

連日報道され、注目を集めている「川崎市・中1男子殺害事件・遺体事件」ですが、本日の報道(フジテレビ系(FNN) 2月26日(木)18時2分配信)では、やはり少し前から「不良グループ」との付き合いがあったと説明されていました。

【フジテレビの報道記事引用】

「Uさんの友人は、「あいつはいいやつだから。差別なしに、みんなと遊んでいたから、こういう結果になっちゃったのかなと」と話した。
事件の3カ月前、Uさんは、同じ中学校や他校の生徒で構成された少年グループのメンバーだった。
しかし、友人の紹介で、地元の不良グループのリーダー格である少年と知り合い、そのグループのメンバーになったという。」

さらに、

「同級生は「後ろから先輩の顔色うかがって、パシリ(使い走り)みたいな。(先輩から)万引きを1人でしてこいと言われて、『それはできません』って言って、そこから暴力が始まったと聞きました」と話した。
「グループを抜けたい」と告げても許されず、暴力はエスカレート。
不良グループに、毎日連れ回されていたという。」

Uさんはさびしかったから、不良グループに入ったのか、それとも何らかの事情で引っ張り込まれたのか・・。それにしても、私どもが非行のカウンセリングでよく耳にする「パシリ」「断ったら暴力」「グループを抜けたくても許されず」・・。殺害事件までには及ばないものの、同様の状況に陥った子どもさんの相談を親御さんからたくさん受けています。もちろん、親御さんからカウンセリングの相談があるということは、少なからず「息子の様子がおかしい」と気づき、「早いうちに手を打たなければ!」という必死な親御さんということです。

「不登校」のみならず「不良グループ=非行」という私どもの専門とするキーワードがいくつもでてくるようになりました。さらなる捜査の動向をみながら、コメントをしていきたいと思います。

今回の情報の出典元=フジテレビ系(FNN) 2月26日(木)18時2分配信

 

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/) ←クリック!

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

 

【非行】中1の子の殺害事件。その背景にある人間関係は?

この事件を「非行問題」と呼んで良いのかどうか、このところ「中1男子」の子が殺害された事件が毎日のように報道されています。本日のニュースでは「少年グループに事情聴取」。実に20人ぐらいの中学生や高校生との接点があったと。テレビでインタビューを受けた少年は(年上の少年たちは)「接しやすい人」と肯定的なコメントを。でも、殺害方法は頚動脈をきられている・・・。「いったいどんな連中が・・」。司会者の言葉が頭に残ります。少年たちが事情聴取中とのこと、いつになると事実がわかるのでしょうか。

「万引きや不登校を強要され、断ると・・」など、友人に語っていた。

「担任が電話で話をした。電話は10回以上」

その後、担任は母親とも話をしている。

「パン食べる?・・」これが最後の親子の会話。

不登校や非行のカウンセリングを担当している私にとって、「万引き」「不登校」というコメントを耳にすると、どうしても意識してしまいます。

淀屋橋心理療法センターがお手伝いしている「非行」の子の中には、「万引き」をする子は確かにいます。しかし、殺人事件は今のところ耳にしたことがありません。

これから取り調べ・報道が進む中で事実や真相がわかってくると思いますが、加害者の少年たちは元より、被害者の子の置かれた事情が何より気になります。イヤイヤながらも断りきれず加害者の子たちとつき合わざるを得なかったのか、「超さびしがり屋で、とにかく友だち=居場所」が欲しい子だったのか。今後の報道に注目したいと思います。

 

不登校・非行のカウンセリング淀屋橋心理療法センターlogo

淀屋橋心理療法センター(公式HP=https://www.yodoyabashift.com/) ←クリック!

所長 福田俊一

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室 室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村=できましたら、クリックしてランキングアップにご協力下さい。

【非行】私立高校に専願で決まってから登校しにくくなる子

2月10日は京阪神の私立高校の入学試験日。奈良県や滋賀県などは、一足早く試験が行われたようで、この時期(2月中旬)になると、たいていの「私立専願の中学三年生」は受験が終わっています。ある親御さんにお聞きすると、その子どもさんのクラスの半分ぐらいが私立専願だとか・・。現時点では「私立高校無償化」の恩恵もあり、私立の方が合格が早く決まるだけでなく、施設面・待遇面などで公立よりは私立を考える子が多くなってきている気がします。

この「私立高校無償化」はいつまで続くのかは知りませんが、それまでは私立人気はまだまだ衰えないかも・・。何より、受験生にとっては「授業料」というよりは「早く高校を決めたい」という子も多いというのは否定できない事実でしょう。

しかし、私立専願が決まった子の中には、その後は中学校に通いづらくなったり、中学での居心地が悪くなることがあるのはご存知でしょうか。実は、中学には「公立高校」を第一志望にしている子もたくさんいるのです。そんな子にとっては、一日ごとに受験が近づくという意味で、日に日に焦りや不安が増していると言えるでしょうか。

「早々と高校が決まってお気楽な非行タイプの子」vs「これから本番を迎えるにあたり、毎日が必死の受験生」。当然のことながら両者の間には、気持ちの面での「温度差」が生じます。うわさですが、非行傾向の子で私立が決まった子は、担任の先生からの「学校にくるな」と言われたり、受験生中心の空気に負け、休みがちになっている子がいるという話をお聞きします。

これから公立高校を受験する子をしっかりフォローするのも担任の先生の役割ですが、非行で私立が決まった子もクラスの一員には変わりありません。ここで登校しにくいムードをつくってしまうと、担任不振・教師不振を招いてしまったり、不登校に慣れてしまうということも。ここは担任の先生のリーダーシップ(手腕)が問われるところでしょう。

淀屋橋心理療法センター (←クリック! 当センターのホームページも是非ご覧下さい)

所長 福田俊一(精神科医・心療内科医・児童精神科医)

担当 小川和夫(不登校・非行問題研究室長 ファミリーセラピスト・心理カウンセラー)