非行問題の解決事例 「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし・・・

非行問題の解決事例

サッカーを頑張っていた子に或る日とつぜん悲劇が!

S太は小学校からずっとサッカーを続けてきた。チームのエースストライカーで将来も有望視されていた。もちろん、中学生になってもサッカー部に入り、一年生のうちにレギュラーの座も獲得した。非行とは全く無縁な子だったのだ。そんなS太を悲劇がおそったのは中2の4月だった。練習中に利き足を骨折してしまったのだ。しかも、全治数カ月。

ここからS太の非行傾向が始まった。

なんとか不登校にはなっていないものの、毎晩のように「先輩と遊んでくる」と家を出ては、帰宅時間が日に日に遅くなっていった。「先輩」と呼ばれている相手の目星はだいたいついている。中学校の先生や警察からも目をつけられている一年上のK雄だ。S太の両親はすぐさまK雄とのつき合いを反対し、思いつくかぎりのK雄の悪口を言い、なんとか縁を切らせようと努力した。しかし、S太は反省するどころか、K雄をけなせばけなすほど親への反抗をつよめ、ついには親と顔をあわせるのも挨拶すらするのを嫌がるようになった。夏休みに入ると非行問題はいっそう深刻になっていった。親子の会話はほとんど無くなり、タバコ・ピアス・朝帰りと、みるみる非行度はエスカレートしていった。次第に両親の根気もうすれ、半ばあきらめムードが漂っていたところで、カウンセリングがスタートしたのだった。

S太のように「挫折」をきっかけに非行に走る子は多い。そして、「ぬけがら」「なげやり」に近い状態の子に、「サッカーがダメなら勉強でがんばれ」と励ます両親との間に大きな温度差(気持ちの差)が生じてしまう。皮肉なことに、そんな気持ちでいるときに限って、K雄のような不良・非行連中から「甘い声」がかかってしまうのだ。

 

非行問題解決の前に、S太と両親との膠着(こうちゃく)状態を何とかするため、カウンセラーは一つの課題を両親に出した。「親子の接点さがし」である。「テーマは何でもけっこうです。S太くんがよく口にする話題の中で、ご両親にも興味がもてるものを探して下さい。そして、次回までにその話が弾むようにがんばって下さい」。

両親は、課題の理由をカウンセラーから説明をうけたものの、それで息子の非行行動が良くなるのかどうか半信半疑だった。しかし、今のままでは良くならないことはわかっていた。父親は「サッカー」、母親は「晩ごはん」をそれぞれ話題に選ぶことになった。

一週間後の面接日。S太は最初こそノリが悪かったものの、父親との間でサッカーの話題で盛り上がるようになり、週末にはJリーグの試合を見に行く約束まで取りつけた。母親は、前々から晩ごはんのメニューや味付けに、いちいち口出しするS太をうっとおしく思っていた。それを今までは違って「聞いてやる=言わせてやる」ことにした。その結果、「文句はいっそう増えました。でも前のようにイヤそうな顔じゃないし、文句を言いながらもパクパク食べるんです」。そうです。まずは親子の会話が復活したのです。

両親ともに熱心に取り組んだため、最初の課題から大成功である。カウンセラーは、ひきつづき「S太の非行」ではなく、「親子の会話を弾ませる」ことを勧めた。

ある日、S太の口から意外な言葉が飛びだした。いつものようにK雄からの夜遊びの誘いの電話のあと、浮かない顔をしていると思っていたら「もう!、テレビみたかったのに!」と、突然グチをこぼしたのだ。

よくよく聞いてみると、K雄からの誘いは最初は嬉しかったものの、つき合いが長くなるほどにK雄の無理強いが増えていったようだ。また、いわゆる「使いっ走り」もよくさせられていたことがわかった。「いつもあいつの都合ばっかりや」「パシリばっかりさせられる」「あいつは万引きも平気でやってる」「あんな奴、捕まったらいいねん」と、次から次にK雄に対する不満が口をついて出てきた。

「挫折」から「悪い先輩との夜遊び」へ。しかし…

ようやく両親の努力が実を結びはじめ、非行問題の解決も見えてきた。K雄からの誘いはつづいたが、家ではK雄の悪口が日課となり、他にもいろんな話題で盛り上がるようになった。カウンセラーからは、課題が達成できるたびに、非行問題解決にむけての次のステップ(課題)がアドバイスされた。

あのままS太を責めつづけていたらどうなっていただろう・・。

所長 福田俊一
担当 小川和夫(不登校・非行専門外来カウンセラー)

非行解決の必須条件とは

淀屋橋心理療法センターでは「非行」の解決は得意分野の一つです。だからといって、どんな非行のご相談でも解決できるという訳ではありません。非行問題解決に欠かせない「必須条件」がいくつかあるのです。その一つをご紹介します。

 

非行解決に欠かせない【必須条件】

 

1.親御さんの動機づけ

非行の程度に関係なく、親御さんの方に「なんとしても解決したい!」という強い気力が無ければカウンセラーとしてはお手上げです。

・「どうせ言っても聞かないだろう」といった「あきらめ組」

・「他の兄弟の進学や、祖父母の介護等で手が回らない」といった「手いっぱい組」

・「若いうちに悪いことをいっぱいしておいた方が良い」といった「受け入れ組」

 

こんな方々は我が子の非行問題解決のために積極的にカウンセリングに来所されるというよりは、学校の先生や身内の方に強く勧められ、渋々来所されるケースが多いようです。また、これまでの非行の対応で疲れきってしまっている親御さんも同様です。非行の解決を強く望んでいても、もはや積極的に動けなくなっていては、カウンセラーがアドバイスしても効果が望めません。

 

2.非行の目的が「仲間・居場所さがし」であること

うちの子は「なぜ」非行に走ってしまったのか。これは非行に走る子の心理を理解する上でとても重要な視点です。私どもが得意な非行の子は「さびしさ」を埋める・紛らわせるために動いている(不良非行に走っている)子です。さびしいから仲間を求めて出歩く、深夜になっても仲間が帰らないから自分もつきあう、悪いとわかっていても断ったら仲間をなくしそうだから悪い事に手を染める・・・といった子たちです。言い換えれば非行に走るのは「家がとってもさびしい場所だから」であったり、「非行の子以外につき合える子がいないから」というわけです。不登校傾向があれば、学校も同じように「さびしい」場所になっているかもしれません。「ほんとうは親の期待にこたえたい」「ほんとうはクラスの皆と仲良くしたい」、でもそれができないから非行に走らざるをえないと解釈することもできます。こんな場合「非行」や「悪事」ばかりに焦点をあてて対応するとたいてい失敗します。むしろ、「さびしさ」の方に目を向けてやった方が本人のニーズに合う分、子どもも心が満たされる分、カウンセリングによる非行問題も解決しやすくなります。

 

3.非行問題以外の会話ができること

淀屋橋心理療法センターの得意な非行の解決方法は、親子の会話を促進したり、スキンシップをはかったりと、親が本人と直接コンタクトをとりながら改善していくやり方です。その為、まったく家に寄りつかない子や親子関係がこじれきって別居していたり、なかなか帰ってこない子など、接触のチャンスのない場合はこの方法が使えません。逆に、「一日に30分ぐらいしか一緒に居ないんだけど・・」といった時間の短い場合は心配ありません。5分でも10分でも、会話を弾ませることで少しずつ時間をのばしていく方法がとれますし、口数の少ない子でもマッサージをしてやるなど、スキンシップをとってやったり、ムードをよくしてやれば非行の子といえども意外と口が軽くなる子がいます。また、お母さんがよく心配されることの一つに「私が仕事をしていて構ってやれなかったら非行に走ったのから・・」がありますが、そんな心配は不要です。時間の長さよりも会話の中身やムードが大事なのです。

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
担当 小川和夫 不登校・非行専門外来カウンセラー

非行の解決法は意外な対応

非行の子への対応

このところ「非行(素行不良・喫煙・飲酒・万引き・校則違反)」の相談が増えています。私どもでは「非行」は得意分野なのですが、一つ心配なことがあります。それは、非行の子をもつ親御さんは真剣に悩み、とても困っておられる様子は伝わってくるのですが、一方で「疲れておられるなー」と感じるのです。これまで非行の解決に向けて試行錯誤しながら努力してきたものの、なかなか結果を出せなかったからかもしれません。周囲からの冷たい視線や親類からの圧力もきっとあるでしょう。私どものカウンセリングでは、ご本人の「非行の程度」よりも、親御さんの「やる気=気力」の方を重要視します。いくら良いアドバイスであっても親御さんの気力がないとうまくいきません。そこで、親御さんが疲れ切ってしまう前に、だいたい子どもさんがどんな風になってくれば良いのか、数ある非行対応のポイントの中から「さびしがり屋の非行の子の生かし方」に絞って、その方向性をご紹介します。

 

非行の子への意外な解決策 その1

親子の会話を増やす

さびしがり屋の非行の子にとって、親との会話が「できない・少ない」となると、「家庭=おもしろくない・気まずい」と感じてしまい、ますます家庭の居心地が悪くなってしまいます。また、いくら非行の子だからといって親御さんからの問いかけが学校を休んだことや深夜の外出といったネガティブな話題ばかりに集中するのも同様です。子どもさんは重たーいムードの家庭を脱出し、軽ーいムードの友だち(不良・非行の子)の方に気持ちが流れていってしまいます。非行の子はいくら表面的には強がっていても、重要な話題を面とむかって話せるほどの勇気はないのです。そんな時は、テレビ番組や夕食のメニュー、または、飼っているペットなどの軽い話題もふんだんに盛り込んで「会話がはずむ→家庭に居着く」をまずめざして下さい。その方が非行行動や不良との付き合い、不登校の理由など「重要な話題」ができるようになります。

 

非行の子への意外な解決策 その2

親子のスキンシップを促進する

これは「女の子」と「母親」といった組み合わせが一番条件が良いようです。「男の子」でもベタベタひっつくのは難しくても、一緒に行動したりペラペラ喋るようになる子がけっこういます。非行の子にとって「スキンシップ」は「親子のふれあい・親を身近に感じること」なのです。ですから「ドライブ・散歩・外食」を一緒にするだけでも効果的です。非行の子は表面的につっぱっていますので、誘いをかけても嫌がったり「きもい」と言われることがあるかもしれません。でもそれは照れているだけかもしれません。たとえ誘ったことが実現しなくても「誘ってやる」という働きかけをしてもらったことは頭に残ります。また、お母さんの手作りのおにぎりが好きな子が多いのですが、これも一種のスキンシップですね。

 

非行の子への意外な解決策 その3

家庭のムードを明るくする

非行の子にとって親のうかない顔や落ち込んだ顔は耐えられません。非行の子特有のさびしい気持ちがいっそう強まってしまい、その場に居づらくなります。それがたとえ子どもさんの非行の悩みでなくても同じです。友だちと電話でしゃべっている様子をご覧になったことはありませんか。特に女の子は親の前でも平気で、大声でベラベラしゃべる子が多く、男の子も部屋に隠れて話すことはありますが、だいたい明るくしゃべっていることが多いようです。おそらく相手が明るくしゃべっているのでしょう。非行の子は常に相手の「顔色」や「出方」をうかがいながら近寄ったり離れたりしています。親子の会話も同じです。非行問題はさておいても、テレビをみてゲラゲラ笑ったり、両親で話が盛り上がるのも効果的です。

 

非行の子への意外な解決策 その4

不満やグチもしっかり言わせてやる・・・同時に不登校も解決

非行の子が不登校中ならば、クラスの中でもさびしい思い(孤立)をしていた可能性が十分あります。この話題も非行解決のみならず再登校をもめざすならば必ず通らなければならない道です。クラスの中でポツンと浮いていたり、授業態度が悪かったり遅刻や校則違反の常習犯ならば先生方から見放されている場合もあります。こういった学校内部の話題が出ないと再登校の話が前に進みません。そのためには「不満」や「グチ」が普段から出せている必要があります。食事中やテレビをみている時などがチャンスです。「まずい」「おもろないわー」「きしょー」など、親にとっては耳の痛い言葉であっても「思ったこと・言いたいこと」はなるべく言わせてあげて下さい。他の話題で不満やグチが出しやすくなってくると、学校の話題も出しやすくなってきます。もちろん、不良非行仲間との付き合いも同様です。毎日、深夜徘徊しているかもしれませんが、自分の子も喜んで出かけているのかどうか、万引きも好きでやっているのかどうか、本音が語れるようになってくると、非行のわが子の口から意外な言葉が出てくることもあるのです。

非行の解決策

いかがですか。一見、「それでは余計に非行が悪化してしまうのでは」と不安に思われる要素もあると思います。しかし、非行に走ってしまう子にとって「さびしさ」は一番の敵なのです。家に居つかない子であれば家庭が、不登校の子であれば学校が「さびしい」場所になっている可能性があるのです。非行の子どもさんはそんなさびしい気持ちを「行動」で表しているのです。これをぜひ子どもさんからの「S.O.S」だと受け取ってあげて下さい。今回あげたテーマは数ある非行解決ポイントの中のほんの一例ですが、少しずつでも伸びてくれば先も開けてきやすくなります。逆に、最初に方向が間違ってしまうと対応を努力すればするほど裏目に出てしまいます。ぜひご参考になさって下さい。

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
担当 小川和夫 不登校・非行専門外来カウンセラー