【非行・不登校】留年への親の焦り

子どもさんの非行の相談でも、不登校で、かつ留年のピンチが迫っている高校生の場合、最初に来所される時期によっては解決率が大きく違ってきます。

非行に走り始めたばかりや夜遊びがすぎて登校に支障をきたし始めた、登校はしているが不良の子とつきあい出したなど、いわゆる初期(または中期)段階ならば、非行のカウンセリングに専念できます。留年までに少し余裕があるからです。

ところが、あと数日で進級や卒業が決まるギリギリの状態でのかけこみ相談の場合、なかなかそうはいきません。親御さんは目先の進級(卒業)に意識がいきすぎて、「今日はどうすれば良いか」「登校するように強くうながして良いのか」「父親が厳しく言うべきか」など、「今すぐ、どんな手を打てば良いか」といった質問に集中してしまいがちです。

親御さんのあせりが強すぎる場合の対応は、どうしても「先走って言ってしまう」「子どもへの説得に終始する」となり、かえって親子の関係がこじれてしまう結果になることがあります。

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
小川和夫(不登校・非行専門カウンセラー)

 

【非行の対応】子どもを「変えない」対応

子どもの非行を解決するためにカウンセリングにきているのに「子どもを変えない」とは。

何だかピンとこないかもしれません。実は、これはあるお母さんの名言なのです。

カウンセリングが終了してまもなく、一通のFAXを頂戴しました。

「お世話になりました。お陰様で息子は・・・・。ふりかえってみると、私は息子を変えよう変えようとしてきたからこうなってしまったのだと思います。淀屋橋心理療法センターで教わったのは、息子を変えるのではなく、息子が居心地が良いと思うのはどんな家庭か、今はどんなことに関心があるのか、そこに目を向けてやればきっと親を必要としてくれる。その事にやっと気がつきました。本当にありがとうございました。  ○○の母より」

必ずしも「親が変われば子も変わる」とは限りませんが、思春期の非行の子にとって「あれダメ、これダメ」ばかり言われれば、どうしても反発してしまいます。特に非行傾向の子は、さらに外へ外へ(不良化・夜遊び・バイクなど)と気持ちが向いてしまいます。

 

淀屋橋心理療法センター
所長 福田俊一
小川和夫(不登校・非行専門カウンセラー)

怠学・怠けの子への親の対応をカウンセリングで

学校に行きたくても行けない「不登校・登校拒否」と違い、周囲から見て「行く気もやる気もなさそう」に見える子がいます。一般的に、受容してやるべき不登校と区別する上で怠学(怠け)というレッテルを貼られることがよくあるようです。

淀屋橋心理療法センターでは「不登校」以外にも「非行」も得意としていますが、どうやら「怠学(怠け)」と呼ばれている子たちは、当センターで考えている「非行」に近い分類として扱われているようです。

※当センターでは厳密な意味では「非行」と「不良」は区別しています。

当センターでは、親御さんが根気強くしっかりと対応していただければ、非行や怠学の子でもかなりの高確率で快方に向かわれます。学校の先生方やクラスメートたちのサポートがあればなおさらです。

一方、「淀屋橋心理療法センター=家族療法」ですので、親御さんに対応の工夫をする気力や余裕がなければお手上げです。特に、非行や怠学の子への対応は手を焼きます。また、学校の先生方がいくら授業中に熱心に指導したり説教しても怠学が改善しない事もしばしばあるでしょう。それほど、家族(親)の対応による影響力が大きいということでしょうか。

非行タイプの特徴でもあるのですが、「怠けている」と「怠けているように見える」は紙一重です。「寂しがり屋だから、誰かにサポートしてもらえないとやる気が湧いてこない」「クラスで居場所がない・活躍の場がない」といった場合にも、不登校になったり、登校しても「怠けているように見える態度」をとる場合もあるでしょう。それほど、怠けている(怠学)の裏には、表向きからは想像できない理由が隠れていることがあるのです。

「わが子を何とかしてやりたい」と切望されている親御さん、根気強く対応する気のある親御さんは、ぜひ一度ご相談ください。

(非行の高校生)不登校中でもバイトは頑張る非行の子

高校生にもなってくるとアルバイトをしだす子が出てきます。特に非行傾向の子は友達づきあい(夜遊び・ゲームセンター・タバコ・バイクなど)にお金が必要なこともあり、他の子よりもアルバイトをする子の割合は高い気がします。もちろん、万引きや恐喝(カツアゲ)をしてお金や物を得るよりはよっぽどマシですが・・。

不思議なことに、非行傾向の子の中には不登校や不登校気味や「怠学」と言われている子であっても、アルバイトだけは休まずに行く子がいます。店長が厳しい人であったり仕事内容がきついアルバイトであってもです。もちろん、登校と同様にアルバイトも行ったり行かなかったり、時には無断で休む子もいます。同じ不登校で非行傾向なのに、なぜこんな違いがでるのでしょうか。

当センターには、高校生の非行であってもご本人が来所される場合もあります。そんな時はカウンセラーから非行の子に直接たずねたり、親御さんを通じてお聞きしていると、同じ不登校で非行であっても、その子によって「持ち味」が違うことがわかります。その一つが「律儀さ」です。カウンセラーの話し方次第では「素直な子」という印象も受けます。

自分がアルバイト先で必要とされていると感じたり、アルバイトの面接時に「休まずに頑張ります」と、店長さんといった他人と約束を交わしたりした場合、「自分が行かねば皆が困る」「店長との約束は守らねば」という気持ちから、登校よりも優先して頑張ろうとするのです。

もちろん、「再登校」についても同じことが言えます。非行傾向で不登校の子であっても、周囲がその子の持ち味をしっかり理解してやったり、持ち味が生かせるような環境であれば、再登校というプラスの行動も期待できるようになることがあるのです。もちろん「怠学・授業妨害・エスケープ」も防げます。

非行・不良の子が素直になる時

非行タイプの子は、常に「良くない子(不良)」というイメージがつきまといます。やっている行為(喫煙・夜遊び=深夜徘徊・たむろ・万引き・ゲームセンターへの入り浸り・乱暴な言葉づかい)や、見た目のだらしなさ(金髪・ピアス・ルーズな服装・目つきの悪さ)等、なかなか良い面が見つかりません。

親御さんがショックをうける極めつけは、学校から親が呼び出しを受けたり、停学処分になったり、万引きや暴力沙汰で警察に補導・検挙された時でしょうか。「ちゃんと育ててきたはずなのに、なんで非行に・・」。下げたくもない頭を下げまくり、教師や警察官の説教を聞かされる親御さんの憤り感は相当なものでしょう。

「せめて、これに懲りて少しでも反省してくれれば・・」と、わずかな期待をいだくものの、「うざい!」「だまれ!」と、非行の子からは全く反省の色がうかがえません。

非行タイプ(不良)の子は、悪い行為や見た目の悪さなど「悪い面」だけを捉えて反省をうながすと、たいてい反発したり反抗的な態度を示します。だからといって、親として容認するわけにはいきません。一筋縄ではいかない非行・不良の子。こんな子には親として一体どう接すれば良いのでしょう。

実は、非行タイプの子は誰に対しても反発しているわけではありません。例外的に素直な面をみせる人がいるのです。たとえば「友だちのお母さん」や特定の「教師」です。自分の親には反発するものの、友だちの親には素直な態度で接したり、きっちりと挨拶できる子もいます。中には、玄関で靴を脱ぎそろえて置く子もいるのです。

いったい親とは何が違うというのでしょうか。もちろん、「肉親・他人」の違いはありますが、意外と「子どもへの接し方」が違うことがあげられます。ちなみに、学校の教師の中で「なついている先生」と「なついていない先生」がいる場合、両者の子どもさんへの接し方の違いを比べてみて下さい。

子どもが非行に走ったり親に反抗するのは思春期だから?

小学生でも四~五年生ぐらいなってくると、いわゆる思春期反抗期といった時期に入ってきます。それまでは、子どもらしく素直に親の言うことに従ってきた子が、急に口数が減ったり親への態度も反抗的になってきたりと、大きな変化をむかえる子が多いようです。稀にごく一部の子は、この時期からタバコを吸い始めたり、夜遊びをしたりと、非行・不良に走る子も出てきます。これに対し「思春期だからなー」と、子どものこれからの様子を見てみようと考えたり、「放っておいても、そのうちやめるだろう」と楽観視してらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

もちろん、淀屋橋心理療法センターでも、「思春期」は必要な変化・成長過程であると考えています。しかし、思春期の子どもさんが不登校になったり、非行に走ってしまうなど、簡単には見過ごせない状況になってしまった場合は話は別です。速やかに非行解決・不登校解決に向けて対応を工夫する必要があります。非行や不良傾向など反抗的な態度の場合も同じです。単に、思春期だから反抗するのか、それとも、親御さんの対応が子どもさんの性格や持ち味に合っていないからなのか、それとも学校や進路の事で何か悩んでイライラしているのか等、しっかりと分析する必要があります。

当センターでは、強がったり突っ張っている非行・不良タイプの子どもさんでも、親御さんの対応の工夫次第で、口数や態度が変わることをたくさん経験してまいりました。不登校非行の上に反抗的な態度、おまけに深夜徘徊・夜遊び・・・、この危機を対応の工夫によってチャンスに切り替えましょう。
※ 思春期をむかえる時期には個人差があります