【非行のカウンセリング】 非行の子は意外と家族思い

今年の夏休みは例年以上に非行のカウンセリング相談が多かった一ヶ月でした。

特に「スマホ中毒」「ネット中毒」「パソコン中毒」「LINE中毒」など、多くの非行傾向の子をお持ちの親御さんに対する記事をアップしたからかもしれません。

いつも親の心配をヨソに夜遊びにふける子、不良の子ばかりとつるんでいる子、万引きや窃盗などで警察に目をつけられている子、ゲーセン(ゲーセン)に入り浸っている子など、非行の子は家庭に居つかず、家にいると思ったら常にスマホやケータイを片時も離さず、「家族のことはどうでもいいと思っている」と考えてらっしゃる親御さんも多いと思います。中には「親のことを嫌ってるんだろう」と、悲観的に考えてらっしゃる親御さんもいらっしゃることでしょう。

しかし、淀屋橋心理療法センターで非行専門外来として25年以上「非行の子」のカウンセリングを担当していますと、現実的には意外と親のことを「好き」という子の方が多いというのがわかります。実際に非行の子が「悪いことをするから親が叱る」という当たり前のことを繰り返しているうちに、非行の子自身が「自分は親に嫌われている・見放されている」と感じるようになるのかもしれません。

このマイナス(負)の連鎖は、非行の子からはなかなか変えられません。当センターに来所される親御さんに対してカウンセラーがアドバイスをお出ししているうちに効果があがってくる場合がほとんどです。世間の常識や、身近な人の意見をきくと「もっと厳しく叱らないとダメ」と言われることが多いようですが、非行改善の実績をあげやすいのは、「厳しくない対応」であり、どんどん親子の関係が良くなっていくような対応なのです。

当センターの非行カウンセリングをスタートされる前に「事前相談(無料相談)」を利用されるご家族も多いのですが、このような話をするだけで、とても意外な感じを受けられるようです。「どんな本を読んでも、どんな人に相談しても、非行に走る原因は親が甘いからだ」と言われているそうなのです。

実際、非行のカウンセリングを長年やっていますと、非行に走る子ほど、他に比べて「親が好き・家族が好き」という子が多く、中学生や高校生になっても家族旅行を楽しみにする子も意外と多くいます。また、親御さんが仕事で疲れたり、病気で寝込んだりすると「しんどいなら寝とけやー」とか、「晩御飯は弁当買えばいいやん」など、完璧とはいえないまでも親のことを思っての発言を口にする子は多いのです。

どうか、世間の常識や、他人の意見に振り回されすぎず、非行には走っているがこの子は親のことを嫌っているのか、それとも好きなのか、一度、客観的な目にみてあげて下さい。

 

淀屋橋心理療法センター(大阪府豊中市・緑地公園駅)

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行・不登校専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村