【非行・不登校の子の夏休み】朝から夜中までLINE、LINE、LINE

今やほとんどの高校生がスマホ(スマートフォン)を持っていると言っても過言ではありません。中学生で持っている子も多く、中には親のスマホをつかいまくっている子も多いようです。

スマホでいったい何をやっているのかというと、ゲームやメールはもちろんのこと、ほとんどの時間を「LINE」に使っているようです。朝起きたらまずLINE食事を摂っている時もLINEテレビを観ながらLINE部屋に入っている間もLINEと、一日中LINE漬けの生活をしている子が多いのです。

特に夏休みはLINE漬けの絶好の時期であり、親にとってはイライラのストレスが溜まる一方でしょう。学校の時間がLINEの時間に変わっただけといっても過言ではありません。特に、夏休みは毎日が休みなので、夜中や朝方までLINEをしている子もめずらしくありません。

非行の子は、ゲーセン(ゲームセンター)に入り浸り・不良の子とのつき合い・深夜徘徊など、以前は家に居着かない子がほとんどでしたが、携帯メールやスマホでのLINEが普及するにつれ、「家にいても常に不良や非行の友達とつながっている」という状況に変わり、相変わらず親子の会話もないというのはもどかしい限りです。

ただし、淀屋橋心理療法センターでは、このLINEを利用する方法も視野に入れてカウンセリングにあたっています。たとえば、親とは顔をあわせての会話がないものの、LINEでなら返事したりコミュニケーションがとれる子もおり、使いようによってはLINEは非行改善の有効手段であるとも言えるのです。

 

淀屋橋心理療法センター

所長 福田俊一

担当 小川和夫(非行専門外来カウンセラー)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村